時空を超えて楽しめるVR望遠鏡

あると覗き込みたくなる
観光地に、たまーにある望遠鏡(双眼鏡)

その望遠鏡とVRが合体した「VR望遠鏡」。

そのVR望遠鏡を用いた事例を
下記に3つ、まとめてみました。

HMD(ヘッドマウントディスプレイ)の
代わりに望遠鏡ですね。

紹介事例の主体・目的は2つ。

①②街(自治体)
 :街の昔、今、
  そして未来を体験してもらう。

③航空会社/ブランディング
 :入院中の子どもに自社路線の
  就航地を体験してもらう。

「①②自治体」の事例は、
観光地・なんとかタワーとかにあったら
物珍しさもあって、盛り上がりそうですね。

名古屋城天守閣の展望台にある望遠鏡を
VR望遠鏡に変え、

名古屋市の
今昔物語が見れるとか…いかがでしょうか?

「③航空会社」の事例は、

コンテンツは、就航各地の様子、
望遠鏡の設置場所も病院の屋上。

まるで、本当に観光へ来ているように
体験できそうです。

早く元気になってね!との
航空会社の願いも感じることができますね。

【①丹羽篠山市(兵庫県)】

【②東京都】

【③KLMオランダ航空(オランダ 航空会社)】

参照元:https://youtu.be/MK8__PKOjdE

素材・機材の提案から企画作りのお手伝いまで。
お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡くださいませ。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例。画像をクリック。

音楽が聴ける看板 その数3,500万曲
見た人限定 店舗の屋根に割引の文字
母の日に「立体カーネーション」
看板製作・そのほか(Azmacy)