飛沫防止板がフォトフレームに変身

①ららぽーと愛知東郷(愛知県 東郷町)
②名古屋市近郊のショッピングモール
③フードコート内のテーブル。
④アクリル製の飛沫防止板に装飾し、
 フォトフレームに変身。

マスクをはじめ、新型コロナ対策のグッズ。

どこでも見かけるようになった飛沫防止板。
それに装飾って、
負の印象が感じられないですね。

それも、フォトフレームのように装飾って、
商業施設の装飾のひとつとして
元々あったかのような感じのようです。

本来の目的、新型コロナ対策としての
飛沫防止板やレジ等で見かける
天吊り式のビニールシート。

いろんなところで工夫を施し
明るくコロナを吹き飛ばせー!みたいな
気持ちも感じられます。

大変な時ほど、
遊び心、アートの力が必要なのかもしれません。

【①ららぽーと愛知東郷(愛知県)】
飛沫防止板がフォトフレーム

【②鹿児島市役所(鹿児島県)】
 漫画の吹き出しなど、遊び心満載。

【③有田町 本町商店街(佐賀県)】
 「レジ前おむかえアート」として。

素材・機材の提案から企画作りのお手伝いまで。
お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡くださいませ。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例。画像をクリック。

音楽が聴ける看板 その数3,500万曲
見た人限定 店舗の屋根に割引の文字
母の日に「立体カーネーション」
看板製作・そのほか(Azmacy)