めちゃくちゃに遊ぶ子ども

めちゃくちゃ、はちゃめちゃ。
踊ったり、走ったり。
カラダ全体を使って遊ぶ子ども。

諸条件にもよりますが、
インタラクティブな仕掛け作りの際、

コンテンツは
凝るより、単純な方がいいと思う。
どこのだれでも遊べる…前提が
一番だと思います。


参照元:https://vimeo.com/21935228

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでお申し付けください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 電車内でファッションショー

  2. あなたも銭形平次に 砂で作る大きな「寛永通宝」

  3. あなたの代わりにキューピッドがお届け

  4. 美術館 迎賓館 馬のセリ市 実車展示会場いろいろ

  5. 自分のキーでもベンツに乗れる

  1. 君は勝てるか AIじゃんけんマシーン

  2. ゲームコントローラーで本物のクルマを運転

  3. ポスターをくるっと丸めたらアイスクリーム

  4. 十戒のようなショーウィンドウ

  5. ラジオドラマで市の魅力を発信

こちらも販売中

  1. 姿見サイネージ 鏡の代わりに 自分の後ろ姿もチェック

  2. 左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居

  3. VR展示会開催ツール「Xexhibition」

  4. 切り替えは「手」を振って 非接触型のデジタルサイネージ「INFOWAVE」

  5. クルマの中も安心!ポリカーボネート製飛沫防止板