ドキドキした後にはビールが1番

①インドのビールメーカー。
②VRでジェットコースターを体験。
③心拍数が上がった
 体験者へビールのプレゼント。

ドキドキした後には、ビールでひと息。

VR。いろんな使い方がありますね。

ヘッドマウントディスプレイ(HMD)で楽しむ場合、
いかにたくさんの人に遊んでもらうか?
(回転率)の工夫が必要ですね。

参照元:https://www.youtube.com/watch?v=Ov6I9ckBiZc

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡ください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. シャケの切り身が泳いでた?

  2. ジャケ買いのように楽しめる巨大なディスプレイ

  3. リアルタイムで生産者とジャンケン

  4. 交通安全の呼びかけは地元特産品とダジャレ

  5. 万引きをしない させない 見逃さない

  6. スティックを降ったらツリーがキラキラ

  7. 威勢のいい市場でおいしいジュースはいかが

  1. 駅での広告ジャックは360度ぐるりの映像で体験

  2. 壊れた商品と接着剤のセット販売

  3. 大きなチュー

  4. スクラッチでノリノリな看板

  5. 打てるかな エラーしないかな VR野球

  6. 顔ハメできない顔ハメ看板

  7. 笑って楽しむピンボール

こちらも販売中

  1. 切り替えは「顔」の向きで 非接触型のデジタルサイネージ

  2. 明治通りから見える巨大広告「渋谷大畠ビルボード」

  3. 癒しの演出に「Beach Mapping」

  4. 「非接触」でマウス操作「INFOWAVE Air TOUCH」

  5. 社名サインに映像演出を 「COMPACT MAPPING」

  6. 左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居

  7. 介護・福祉関連の販促PRに 介護タクシーメディア