ドキドキした後にはビールが1番

①インドのビールメーカー。
②VRでジェットコースターを体験。
③心拍数が上がった
 体験者へビールのプレゼント。

ドキドキした後には、ビールでひと息。

VR。いろんな使い方がありますね。

ヘッドマウントディスプレイ(HMD)で楽しむ場合、
いかにたくさんの人に遊んでもらうか?
(回転率)の工夫が必要ですね。

参照元:https://www.youtube.com/watch?v=Ov6I9ckBiZc

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡ください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 音楽に合わせ点灯するイルミネーション

  2. ドキドキした後にはビールが1番

  3. LED版のモグラ叩きゲーム

  4. 電車内でファッションショー

  5. プリズムと太陽光のマジック

  6. 会話が弾む バーのタッチテーブル

  7. いつまでも滑らかな書き味のボールペン

  1. グッドデザインな愛嬌のある駅名看板

  2. 溢れんばかりのおいしさ ビックマック

  3. 夜の動物園で待ってるよ〜

  4. 街なかを走るスコアボード

  5. 車体を汚し 映画の世界観を演出

  6. 水に強い腕時計

  7. 大学生を煽ってる広告 御茶ノ水駅に出現

こちらも販売中

  1. 「非接触」でマウス操作「INFOWAVE Air TOUCH」

  2. 呼び込みサイネージ 離れた場所からお客さまへ声かけ

  3. 社名サインに映像演出を 「COMPACT MAPPING」

  4. 常駐スタッフ不要で遊べる「勝手に遊んでサイネージ」

  5. 切り替えは「顔」の向きで 非接触型のデジタルサイネージ

  6. 左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居

  7. 「デジスポ」 デジタルで楽しむスポーツ7種目