「三崎口」駅が「三崎マグロ駅」に

①京急電鉄(神奈川県 鉄道)
②沿線自治体と共に地域活性化の観光PR。
③三浦半島・三崎エリアで
「まぐろ」をお題に地元飲食店と協力。
食事券・乗車券のセットなどを販売など
④「三崎口」駅の駅名看板を「三崎マグロ」駅に変更。

沿線の自治体・店舗と観光誘客PRで、
地元特産品推しはもちろんですが、

それを、もじって駅名看板も変更って
愛嬌もあり、インパクトもありますね。

なお、リリース(2017年)では、期間限定のようですが
もしかしたら、今もそのままかもしれません。

実際、Twitterで
#三崎マグロ駅を検索すると、

最近の日付でも
駅名看板の写真がたくさんアップされています。

企業の商品PRで、
多くなってきた「駅名看板」の変更。

この事例のように
沿線自治体・地元の皆さんと活性化のPRの中で、
特産品推しの「駅名看板」の変更って、
比較的手軽にできる仕掛けですね。

あとは、語呂合わせに頭を絞らないと…。

素材・機材の提案から企画作りのお手伝いまで。
お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡くださいませ。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 東京駅で全長200mの映像演出

  2. 旅行カバンの形をしたデジタルサイネージ

  3. ハロウィンタクシー

  4. びよ〜〜〜んと伸びる像

  5. 駅構内がスマホで劇場に変身

  6. スマイルよし! 笑顔を確認できる鏡

  7. 視力大丈夫ですか? ちょっと測ってみましょうね

  1. 押したり引っ張ったりすると音が鳴るネット

  2. みなのもの 籠城じゃ!

  3. 電気自動車に変身したドラえもん

  4. 捨てるのが楽しいゴミ箱

  5. 溢れんばかりのおいしさ ビックマック

  6. こちらの肖像画の足元はこちらです

  7. ライバル店の前でお店開き

こちらも販売中

  1. 誰でもすぐ遊べる「神経衰弱」

  2. 姿見サイネージ 鏡の代わりに 自分の後ろ姿もチェック

  3. 左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居

  4. 介護・福祉関連の販促PRに 介護タクシーメディア

  5. 簡単にスケジュール変更 サイネージ管理システム「PSiGNAGE」

  6. 夏の風物詩「花火サイネージ」

  7. つい飲みたくなる「ドリンクサイネージ」