自分のアバターがゲームに挑戦

①NIKE(アメリカ スポーツ用品メーカー)
②新発売の商品(シューズ)のPR。
 ゲームイベントを開催。
③大きなLED画面に囲まれたイベントスペース。
 画面前にはランニングマシン。
 写真を撮り、自分の分身(アバター)を作成。
④新発売の商品(シューズ)の履き、
 手には専用コントローラーを持ち、
 ランニングマシンに乗り、ゲームスタート。
⑤内容は、富士山をはじめ世界各地を舞台にした
 「スーパーマリオブラザーズ」のようなゲーム。

中国国内5カ所で、1カ月間開催。

試着(靴の履き心地)×楽しい体験(ゲームイベント)。
気に入ったら、即買いに…ってつながりそうです。

(実際に、体験者の48%が商品を購入。)

体験者には、自身のゲーム内容・結果を
10秒のショートムービーにしプレゼント。
SNSへの流れも期待できそうですね。

「商品のお試し×楽しいひと時」な企画。

自動車メーカーの
新車発売のPRにいかがでしょうか。

スマホを使った
Web上でのカーレースのゲームイベントを開催。

成績優秀者には
本物のサーキット場での試乗体験へご招待…とか!?

参照元:https://youtu.be/JJliIaKTtEo

素材・機材の提案から企画作りのお手伝いまで。
お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡くださいませ。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. エレベーターが「巨大スロット」に変身

  2. 一番早いのは誰だ 自転車の空気入れ競争

  3. 壊れた商品と接着剤のセット販売

  4. 助けて〜 サメに食べられちゃうよ〜

  5. 視力大丈夫ですか? ちょっと測ってみましょうね

  6. クルマは突然やってくる

  7. 滑って楽しんでいる表情がリアルタイムで街なかに

  1. アインシュタイン? マリリンモンロー?

  2. ヘルメットをかぶったら そのままVR体験

  3. タコもゴルフボールも 回転する看板

  4. 連想ゲーム イラスト当てて賞品ゲット

  5. ついつい見入ってしまう iPadを使ったプレゼン

  6. お口のニオイ あなたは大丈夫〜!?

  7. Amazonトレイン

こちらも販売中

  1. 常駐スタッフ不要で遊べる「勝手に遊んでサイネージ」

  2. 2面使える 名古屋高速4号線沿い 「パーク山王 屋上広告塔」

  3. 切り替えは「手」を振って 非接触型のデジタルサイネージ「INFOWAVE」

  4. 夏の風物詩「花火サイネージ」

  5. つい飲みたくなる「ドリンクサイネージ」

  6. 呼び込みサイネージ 離れた場所からお客さまへ声かけ

  7. 切り替えは「顔」の向きで 非接触型のデジタルサイネージ