荒野も大丈夫 揺れも再現 VR試乗

①クライスラー(アメリカ 自動車メーカー)
②4WDの代表的ブランド「ジープ」のPR。
③モニュメントバレーのような広大な荒野。
 巨大な峡谷あり、急な斜面ばかりの地形。
④現地で車に360度カメラ・各種センサー(?)を
 搭載し、撮影・データー収集。
⑤あるイベント会場、「ジープラングラー」が展示。
⑥ヘッドマウントディスプレイを着け乗車。
 映像に合わせ、揺れや車の傾きも再現し、
 よりリアル感を演出。

こんなに荒々しいところを走ってもウチの車は大丈夫。

航空会社のパイロットの飛行訓練施設が
近いかもしれませんね。

4WDと言ったら「ジープ」。
乗り心地をリアルに再現することでブランド感が
より強くなりますね。

VR体験。映像だけでも迫力がありますが
体感も加わると、訴求力が増しそうです。

VR試乗の後には、気持ちが上がってそうな体験者へ
今度はARで車選び…なーんて流れのPRもあったら
普段より、成約率、高くなりそうかな!?

参照元:https://vimeo.com/553751861

参照元:https://youtu.be/nTbSfyTbig8

素材・機材の提案から企画作りのお手伝いまで。
お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡くださいませ。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. ヴァーチャル? リアル? 本物の車に乗ってVR試乗会

  2. レインボーなエスカレーター

  3. 巨大なコロコロ®︎

  4. 息を吹きかけるとロウソクの炎が消える看板

  5. お出迎えは伊達政宗

  6. 早く持って行かないと 氷でできたクーポン券

  7. 大丈夫かな わたしの荷物

  1. スマホの充電もできる巨大なお花

  2. 女性用トイレを広告ジャック 便器の中も

  3. オレも弾けるぜ 試し弾きできるポスター

  4. 巨大な黒板メニュー

  5. 早く持って行かないと 氷でできたクーポン券

  6. あなたのコーヒーもスタバのコーヒーに変身

  7. 「マイカタちゃいます!」 全国の「ひらかた」率は59%

こちらも販売中

  1. 2面使える 名古屋高速4号線沿い 「パーク山王 屋上広告塔」

  2. 切り替えは「手」を振って 非接触型のデジタルサイネージ「INFOWAVE」

  3. つい飲みたくなる「ドリンクサイネージ」

  4. 簡単にスケジュール変更 サイネージ管理システム「PSiGNAGE」

  5. 左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居

  6. 姿見サイネージ 鏡の代わりに 自分の後ろ姿もチェック

  7. 呼び込みサイネージ 離れた場所からお客さまへ声かけ