同じじゃないの? 速さが違うエスカレーター

並列で設置されているエスカレーターを使い、

セールスポイントの「速さ」の違いを
表現した事例を2つ。

同じはずなのにこんなに違うの…と
ひと目でわかる点がいいですね。

安全性の点から
日本では実現が難しそうなこの事例。

大きな空港や駅に、
たまーにありますよね、並列のエレベーター。

下記の②の事例のように
とくに通信会社のPRにはいいかもしれませんね。

羽田で、5GのPRに…とか。

【①スカンジナビア航空(北欧 航空会社)】
  (同じ目的地に向かうのでも
   ウチの方が早く着きますよ。)

参照元:https://youtu.be/vFKzlz-BFPU

【②オレンジ(フランス 通信会社)】
 (今までの通信速度より、
  今度の4Gはもっと速いですよ。)

参照元:https://youtu.be/M4RGSTOECu0

素材・機材の提案から企画作りのお手伝いまで。
お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡くださいませ。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ記事

おすすめ① おすすめ②
  1. 楽譜が読めなくても あなたは名指揮者

  2. 四季を五感で感じることができるBAR

  3. ピアノからの挑戦状 私を弾いて〜🎵

  4. 文字だけの鉄骨むき出し看板

  5. 5、4、3、2、1、登場!

  1. 流れ星に願いを

  2. 自分のキーでもベンツに乗れる

  3. アイスクリーム屋さんごっこができるダンボール

  4. お花で季節感・イベント感をちょっと演出

  5. タブレットで作る虹

おすすめ商材

姿見サイネージ 鏡の代わりに 自分の後ろ姿もチェック
左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居