使った画びょうは50000本以上

①実施目的など詳細は不明。
②場所は名古屋栄のセントラルパーク。
③壁面に横4m以上大きなクマの絵。
 (商業施設のキャラクター)
④よ〜く見ると、色とりどりの画びょう。
 その数、50000本以上。(4日間で製作)

見たとき、ビックリしました。

何で出来てるの?と思い、
近づいてみると、1本1本の画びょう!

画びょう1本ずつをドットに見立てた作品ですね。
プッシュピンアート…という手法とのこと。

制作する側は大変ですが、
出来たときは、感慨ひとしおですね。

黒板アートのように
制作工程もイベントっぽくなりそうです。

こちらは画びょうではなく、
「ふせん」を利用した巨大なふせんアート。
その大きさ、たてよこ10m(実績)

参照元:https://youtu.be/QXW4-XSRtkU

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡ください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ記事

おすすめ① おすすめ②
  1. グッドデザインな愛嬌のある駅名看板

  2. お金大丈夫? 両替窓口のスタッフはマジシャン

  3. 街なかを走るスコアボード

  4. モバイルバンキングの入り口

  5. 玄関ドアの取っ手が企業ロゴ

  1. サンタクロース型の自動販売機

  2. このジーンズ似合ってる〜!?

  3. ショッピングカートのハンドルは消毒済み?

  4. 「もちろん私は美人よ」 美人は食事が無料

  5. 動くショーケース 冷えたコカ・コーラ満載のトラック

おすすめ商材

姿見サイネージ 鏡の代わりに 自分の後ろ姿もチェック
左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居