飛んだー!K点超えだー!

たしか…
①鈴木大地氏(当時スポーツ庁長官)
②2017年アジア冬季競技大会(札幌)。
③PR会場に設置された
 スキージャンプの背景で記念撮影。

ちょっとした工夫で、楽しい写真撮影が。

思わず、写真を撮りたくなりますよね〜。
スキージャンプの選手になれるフォトスポット。

立っている人がまるで飛んでいるように見せるため、
スキージャンプの背景を横むきに印刷・設置。

同様な仕掛けで
楽しいフォトスポットになるスポーツが
まだまだ、ありそうですね。

棒高跳びは難しいかな!?

参照元:https://twitter.com/daichi55/status/833985125255782401

素材・機材の提案から企画作りのお手伝いまで。
お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡くださいませ。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 部屋を飛び回るお猿さんと飛行機

  2. ボールを投げると取りに行く画面の中の犬

  3. 見せてもらおうか VRとやらを

  4. 何でも貸します 何でも貸します …と連呼する看板

  5. トレーラーを牽引するのはスーパーカー

  6. Wi-Fi付き駅看板からお得キャンペーンへ

  7. プリズムと太陽光のマジック

  1. クルマが札幌ドームで空中散歩

  2. ひと目で〇〇屋さんとわかる看板

  3. スターへの階段

  4. いくらやっても汚れないよ〜

  5. 商品をスキャンをすると 不思議な音が鳴るスーパーのレジ

  6. やっぱり現実世界がオモシロい? VRを使ったドッキリ

  7. 距離に応じて表情が変わるデジタルサイネージ

こちらも販売中

  1. キューブ型LED 「Q-BIC VISION(キュービックビジョン)」

  2. つい飲みたくなる「ドリンクサイネージ」

  3. 呼び込みサイネージ 離れた場所からお客さまへ声かけ

  4. 夏の風物詩「花火サイネージ」

  5. 誰でもすぐ遊べる「神経衰弱」

  6. 社名サインに映像演出を 「COMPACT MAPPING」

  7. 切り替えは「手」を振って 非接触型のデジタルサイネージ「INFOWAVE」