左右に歩くと向きが変わるメガネとクルマ

左右に歩くとコンテンツの向きが変わる
メガネブランドと自動車メーカーの事例を2つ。

商品展示会・イベントでの試みのようです。

詳細な仕掛けは不明ですが、オモシロいですね。

Kinectを使い、見る人の位置を把握、
コンテンツの切り替えをしてるのかな?

その不思議さに
興味がなくて、ついディスプレイの前で
左右に動きたくなり、

いつの間にか商品にも興味が…ってなりそうです。

①Parasite
 (パラサイト、フランス メガネブランド)。

参照元:https://vimeo.com/34078094

②メルセデス・ベンツ(韓国 2014)

参照元:https://vimeo.com/281577900

ちなみに、アナログ仕様ですが、
こちらもオモシロいですよ。

素材・機材の提案から企画作りのお手伝いまで。
お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡くださいませ。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 楽譜が読めなくても あなたは名指揮者

  2. 小さいけど存在感あるでしょ

  3. ノリノリな横断歩道の信号機

  4. アナログ感満載のスーパーマリオ

  5. 「マイカタちゃいます!」 全国の「ひらかた」率は59%

  6. オレも弾けるぜ 試し弾きできるポスター

  7. カラオケ型自動販売機 歌ったら1本!

  1. ウチの香水 お試しあ〜れ

  2. 1本1本の歯は歯医者さんの連絡先

  3. 募金を呼びかける巨大なオルゴール

  4. バス待ちのカップルには白馬の馬車

  5. 停車ボタン押すと「ニャ~」

  6. バーコードでできたポスター

  7. 助けて〜 サメに食べられちゃうよ〜

こちらも販売中

  1. 社名サインに映像演出を 「COMPACT MAPPING」

  2. 夏の風物詩「花火サイネージ」

  3. 「非接触」でマウス操作「INFOWAVE Air TOUCH」

  4. VR展示会開催ツール「Xexhibition」

  5. 常駐スタッフ不要で遊べる「勝手に遊んでサイネージ」

  6. 2面使える 名古屋高速4号線沿い 「パーク山王 屋上広告塔」

  7. 商品が空中に浮遊するディスプレイ什器「FLYvision」