駅での広告ジャックは360度ぐるりの映像で体験

詳細は不明。たぶん…
①ウィンブルドン駅(イギリス)
②ウィンブルドン選手権開催時、
 駅構内を広告ジャック。
③その様子を「360度ぐるり」の映像で体験。

イベント開催時、
会場近くの駅構内を広告ジャック…って、
日本でも、よくありますよね。

ただ、この映像のように
「360度カメラ」で撮影、見ることができると、

駅の様子、雰囲気、ジャック感が
より伝わるかもしれません。

交通広告とVRの組み合わせ。
WEB展開も考えたとき、
追体験としての選択肢の1つになりそうですね。

下記より「Vimeo」の掲載ページへアクセス、
1度、お試しください。

参照元:https://vimeo.com/282945443

素材・機材の提案から企画作りのお手伝いまで。
お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡くださいませ。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 風船が扇風機のトンネルをぐるぐる駆けめぐる

  2. Amazonトレイン

  3. 夏にピッタリ ひんやりマスク 自販機で販売

  4. リフトの代わりに「ゲレンデタクシー」

  5. 当たり付き「箸タワー」

  6. 手で、ちゃ〜んと持ってますよ

  7. こっちも盛り上がる デジタルなビーチバレー

  1. 天井をご覧ください クルマがございます

  2. 仕事探し・バイト探しはスマホで

  3. 何でも貸します 何でも貸します …と連呼する看板

  4. 【閲覧注意】プレイヤーも危険と隣り合わせ

  5. 「もちろん私は美人よ」 美人は食事が無料

  6. トイレ!? バス停!?

  7. 最新情報を届ける新聞ホルダー

こちらも販売中

  1. 「非接触」でマウス操作「INFOWAVE Air TOUCH」

  2. 社名サインに映像演出を 「COMPACT MAPPING」

  3. つい飲みたくなる「ドリンクサイネージ」

  4. 夏の風物詩「花火サイネージ」

  5. 誰でもすぐ遊べる「神経衰弱」

  6. 常駐スタッフ不要で遊べる「勝手に遊んでサイネージ」

  7. 姿見サイネージ 鏡の代わりに 自分の後ろ姿もチェック