「ブラックサンダー号」 出発進行

①お菓子の「ブラックサンダー」(有楽製菓)
②創業者が愛知県豊橋市出身。
 その縁で豊橋鉄道とコラボ。
③商品パッケージそのままの路面電車を1年間運行。
④外観はラッピングではなく塗装仕上げ。(1部除く)

パッケージそのままって、
わかりやすいし写メしやすいですよね。

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡ください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 日焼けにご注意

  2. ライバル店の前でお店開き

  3. 猫の食いつきがいいDM

  4. 駅のホームがIKEAのショールームに

  5. エンジンの構造を解き明かすAR

  6. こんなに過酷でもウチの商品は大丈夫

  7. プチプチしたくなるビールの広告

  1. 巨大ガチャガチャ

  2. 過去問がなくても、過去に学ぶことはできます。

  3. 踊りながら弾くピアノ

  4. 子育てにもいい街 たかい たかい たかーい市。

  5. 走る車内から的を狙え タクシー流鏑馬

  6. 駅の天井からジュースが降り注ぐ

  7. お祭り気分でお出迎えの東京駅一番街

こちらも販売中

  1. クルマの中も安心!ポリカーボネート製飛沫防止板

  2. VR展示会開催ツール「Xexhibition」

  3. 2面使える 名古屋高速4号線沿い 「パーク山王 屋上広告塔」

  4. 姿見サイネージ 鏡の代わりに 自分の後ろ姿もチェック

  5. 介護・福祉関連の販促PRに 介護タクシーメディア

  6. 常駐スタッフ不要で遊べる「勝手に遊んでサイネージ」

  7. 切り替えは「顔」の向きで 非接触型のデジタルサイネージ