「ブラックサンダー号」 出発進行

①お菓子の「ブラックサンダー」(有楽製菓)
②創業者が愛知県豊橋市出身。
 その縁で豊橋鉄道とコラボ。
③商品パッケージそのままの路面電車を1年間運行。
④外観はラッピングではなく塗装仕上げ。(1部除く)

パッケージそのままって、
わかりやすいし写メしやすいですよね。

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡ください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 譜面が読めなくても弾けるピアノ

  2. 完走ランナーにとってうれしいサプライズ

  3. 仲良しなトマトとリンゴ

  4. 走る車内から的を狙え タクシー流鏑馬

  5. ハラハラドキドキ 濡れそうで濡れないブランコ

  1. ハロウィンの夜 カーネルおじさんも変身

  2. 「マイカタちゃいます!」 全国の「ひらかた」率は59%

  3. ウチのブーツは水に浸かっても大丈夫

  4. 朝日から巨人がニョキ〜

  5. 「髪毛黒生駅」誕生 駅の愛称ネーミングライツ

こちらも販売中

  1. 姿見サイネージ 鏡の代わりに 自分の後ろ姿もチェック

  2. 左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居

  3. VR展示会開催ツール「Xexhibition」

  4. 切り替えは「手」を振って 非接触型のデジタルサイネージ「INFOWAVE」

  5. クルマの中も安心!ポリカーボネート製飛沫防止板