「ブラックサンダー号」 出発進行

①お菓子の「ブラックサンダー」(有楽製菓)
②創業者が愛知県豊橋市出身。
 その縁で豊橋鉄道とコラボ。
③商品パッケージそのままの路面電車を1年間運行。
④外観はラッピングではなく塗装仕上げ。(1部除く)

パッケージそのままって、
わかりやすいし写メしやすいですよね。

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡ください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 水着で来たらサッカー観戦がタダ

  2. ご注文のハンバーガーお待たせ!

  3. 道路上でスポーツイベント

  4. ふたを開けたら本物のバラでいっぱい

  5. 検索でたどりつかない、本とアイデアを。

  6. 風船が扇風機のトンネルをぐるぐる駆けめぐる

  7. 自分の顔が「こけし」になっちゃった

  1. 自宅にいながら水族館へLet’s go!

  2. デカ過ぎな顔に変身 高さ4mの巨大LED

  3. 座席によってもらえるチョコの量が変化

  4. タイヤのトレッドパターン柄の浴衣

  5. いっしょに踊るクリスタル

  6. 改札そばに地元高校生へ応援メッセージ

  7. びよ〜〜〜んと伸びる像

こちらも販売中

  1. 癒しの演出に「Beach Mapping」

  2. 切り替えは「顔」の向きで 非接触型のデジタルサイネージ

  3. 2面使える 名古屋高速4号線沿い 「パーク山王 屋上広告塔」

  4. 常駐スタッフ不要で遊べる「勝手に遊んでサイネージ」

  5. 商品が空中に浮遊するディスプレイ什器「FLYvision」

  6. キューブ型LED 「Q-BIC VISION(キュービックビジョン)」

  7. 簡単にスケジュール変更 サイネージ管理システム「PSiGNAGE」