「ブラックサンダー号」 出発進行

①お菓子の「ブラックサンダー」(有楽製菓)
②創業者が愛知県豊橋市出身。
 その縁で豊橋鉄道とコラボ。
③商品パッケージそのままの路面電車を1年間運行。
④外観はラッピングではなく塗装仕上げ。(1部除く)

パッケージそのままって、
わかりやすいし写メしやすいですよね。

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡ください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 知ってる? おも白井(しろい)市

  2. ロケットが飛ぶ 犬が走る 子供が無邪気に遊べる壁

  3. 大阪地下街にたくさんのミニオン登場

  4. 子どものお絵かきが楽しいクッキーに変身

  5. 停車ボタン押すと「ニャ~」

  6. VRでスキージャンプ

  7. 窓ガラスがスピーカーに変身

  1. 巨大なひげ剃り

  2. 本の「しおり」がデンタルフロスに変身

  3. 銀座の街なかにあんぽ柿

  4. えっ!? 街なかを走る精子の形の自転車

  5. 縦にも横にも伸び〜る素材

  6. クリスマスにはティファニーの馬車がお出迎え

  7. 波形を読んで音楽を楽しもうぜ

こちらも販売中

  1. 2面使える 名古屋高速4号線沿い 「パーク山王 屋上広告塔」

  2. 簡単にスケジュール変更 サイネージ管理システム「PSiGNAGE」

  3. つい飲みたくなる「ドリンクサイネージ」

  4. 社名サインに映像演出を 「COMPACT MAPPING」

  5. 介護・福祉関連の販促PRに 介護タクシーメディア

  6. 呼び込みサイネージ 離れた場所からお客さまへ声かけ

  7. 切り替えは「手」を振って 非接触型のデジタルサイネージ「INFOWAVE」