「ブラックサンダー号」 出発進行

①お菓子の「ブラックサンダー」(有楽製菓)
②創業者が愛知県豊橋市出身。
 その縁で豊橋鉄道とコラボ。
③商品パッケージそのままの路面電車を1年間運行。
④外観はラッピングではなく塗装仕上げ。(1部除く)

パッケージそのままって、
わかりやすいし写メしやすいですよね。

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡ください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 歯医者さんの天井には「ウォーリーを探せ!」

  2. オーライ オーライ ハイ、ストーップ

  3. 色の変化も ビール瓶型のクリスマスツリー

  4. 開店祝いに店舗まるごとプロジェクションマッピング

  5. 美術館 迎賓館 馬のセリ市 実車展示会場いろいろ

  6. アナログだけど絵が動く スリットアニメーション

  7. 大きいでしょ ウチの看板商品です

  1. 自撮り写真がプリントされる看板

  2. 飛行機のエンジンから写真がビュ〜ン

  3. 波形を読んで音楽を楽しもうぜ

  4. 道路沿いの看板が美術館に変身

  5. 入場料は「ロン毛」 メタルが子どもを救う

  6. あなたも私も みんなマスク姿

  7. マスク姿のマネキンより ソーシャルディスタンスのお願い

こちらも販売中

  1. 常駐スタッフ不要で遊べる「勝手に遊んでサイネージ」

  2. VR展示会開催ツール「Xexhibition」

  3. 切り替えは「顔」の向きで 非接触型のデジタルサイネージ

  4. キューブ型LED 「Q-BIC VISION(キュービックビジョン)」

  5. つい飲みたくなる「ドリンクサイネージ」

  6. 姿見サイネージ 鏡の代わりに 自分の後ろ姿もチェック

  7. 「デジスポ」 デジタルで楽しむスポーツ7種目