難しい津軽弁の交通安全標語看板

①青森県交通安全協会。
②弘前市内。地元「津軽弁」で書いた
 交通安全の標語看板。
③難しすぎるとネットで話題に。

その地方独特の方言。

全国に、たくさんありますが、
その中でも、「青森県」は有名ですよね。

県内でも
大きく「津軽弁」と「南部弁」にも分かれ
そこから少しずつまた…と、お聞きしたことがあります。

地元「津軽弁」を使った交通安全の標語看板。

地元の人にはわかりやすいのでしょうが、
ほかの土地の人には、首をかしげてしまいそうな。

この看板、
話題になり注目されることにより、
交通安全への意識向上、青森県の注目アップにも
つながり、一石二鳥ですね。

なお、「タイポグリセミア現象」というのがあります。
こちらは、作り方がわかると誰でも使えるようです。
一度、お試しください。

素材・機材の提案から企画作りのお手伝いまで。
お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡くださいませ。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. ハイタッチで航空券ゲット

  2. 全面LEDの四角い柱

  3. 子ども部屋の壁紙がたくさんの絵本棚に変身

  4. シャワールームが花柄に変身

  5. ドライバーの頼りはスマホの映像

  6. 風を浴びながら バイクのVR試乗

  7. 駐車違反をしていない人にはクリスマスプレゼント

  1. カラオケ型自動販売機 歌ったら1本!

  2. トレーニングができる看板

  3. ゲームの結果次第でビジネスクラスにアップ

  4. 天気の悪い日はお得!?

  5. iPadがいっぱいの壁

  6. 夢のデザインを実現 優勝者には実物プレゼント

  7. 日本初 LED付き光る新聞

こちらも販売中

  1. 有名喫茶店があなたの街の物産館・会社のPR館に

  2. 画角サイズが異なるサイネージも一括管理「P-SIGNAGE」

  3. 切り替えは「顔」の向きで 非接触型のデジタルサイネージ

  4. 左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居

  5. 商品が空中に浮遊するディスプレイ什器「FLYvision」

  6. 癒しの演出に「Beach Mapping」

  7. 常駐スタッフ不要で遊べる「勝手に遊んでサイネージ」