夜間だけ文字が見える看板

①マクドナルド(アメリカ 外食)。
 24時間営業の告知。
②道路沿いにある看板。
 文字とロゴ部分のみ、反射材(リフレクター)。
③夜間、クルマのライトが当たると
 文字が見える。

夜間も明るい街なかでは、難しいですが、

暗い郊外なら、
インパクトのある訴求効果も見込めそうですね。
少し驚きもありますもんね。

それに、
照明を使わないので、ちょっとエコですよね。

参照元:https://www.youtube.com/watch?v=cAKPaDcq0_E

お困りのことがございましたら、ぜひこちらまで。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. スマホでスキャンすると熟成年数がわかるボトル

  2. 上手に弾けたらピアノをプレゼント

  3. ロケットが飛ぶ 犬が走る 子供が無邪気に遊べる壁

  4. 願いごとを聞く 巨大そろばんの下の祈願そろばん

  5. ドラクエのレベルアップ音が鳴る改札機

  6. ピアノになった階段

  7. 線だけで描かれた男と女

  1. 車体を汚し 映画の世界観を演出

  2. 世界一小さなジャズクラブ

  3. 名前がコカ・コーラのロゴに

  4. タバコが吸えるタクシー 車両は霊柩車ですが

  5. 歩きスマホ専用レーン

  6. エレベーターが「巨大スロット」に変身

  7. スポーツアパレルも 夜には特に目立つネオン

こちらも販売中

  1. 画角サイズが異なるサイネージも一括管理「P-SIGNAGE」

  2. 「デジスポ」 デジタルで楽しむスポーツ7種目

  3. 明治通りから見える巨大広告「渋谷大畠ビルボード」

  4. 左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居

  5. 手軽にウェビナーを都内で開催できる White Room

  6. 姿見サイネージ 鏡の代わりに 自分の後ろ姿もチェック

  7. 常駐スタッフ不要で遊べる「勝手に遊んでサイネージ」