夜間だけ文字が見える看板

①マクドナルド(アメリカ 外食)。
 24時間営業の告知。
②道路沿いにある看板。
 文字とロゴ部分のみ、反射材(リフレクター)。
③夜間、クルマのライトが当たると
 文字が見える。

夜間も明るい街なかでは、難しいですが、

暗い郊外なら、
インパクトのある訴求効果も見込めそうですね。
少し驚きもありますもんね。

それに、
照明を使わないので、ちょっとエコですよね。

参照元:https://www.youtube.com/watch?v=cAKPaDcq0_E

お困りのことがございましたら、ぜひこちらまで。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. VR-CAR クルマに乗って市内観光

  2. 渋谷のモヤイ像ってこんなに小さかったっけ?

  3. バスの待ち時間はみんなでエクササイズ!

  4. 車両まるごとイルミネーション

  5. 「福」が大きくなった駅名看板

  1. スケボーが付いてるショッピングカート

  2. ボールを蹴って 賞品ゲット

  3. ゲイシャとスモウレスラーの大きな影絵

  4. カラフルなカラーコーン

  5. ビールを冷やす雑誌広告

こちらも販売中

  1. 姿見サイネージ 鏡の代わりに 自分の後ろ姿もチェック

  2. 左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居

  3. VR展示会開催ツール「Xexhibition」

  4. 切り替えは「手」を振って 非接触型のデジタルサイネージ「INFOWAVE」

  5. クルマの中も安心!ポリカーボネート製飛沫防止板