空気が悪いと咳き込むクマのぬいぐるみ

①McCann London(イギリス 広告代理店)。
②大気汚染・公衆衛生問題の喚起啓発PR.
③たぶん…イギリス・ロンドン市内。あるスポットに
クマのぬいぐるみ(テディベア?)を1体設置。
大気汚染の度合いを測るセンサー付き
④ある一定量の数値を超えると
ぬいぐるみが咳き込み、大気汚染をお知らせ。

興味本位・珍しさで見つめていると
突然、咳き込み始めるクマのぬいぐるみ。
ちょっと驚きますよね。

長い間、座っていると、咳き込むだけではなく

気のせいか…
愛らしいクマのぬいぐるみが、
だんだん灰色がかっているような気も。

伝えたい問題(大気汚染)の重要性が増し、
より多くの人々に、深く刺さりそうです。

スペインでも、同様の目的で、
行政と情報サービス会社が実施したそうです。

この事例なら、国内でも屋外ビジョンなど
公衆の場所にあるデジタルサイネージと連動し
より、多くの人に訴求することもできそうですね。

【①クマのぬいぐるみで(イギリス)】

参照元:https://youtu.be/XmTvNdd1FPo

【②屋外ビジョンで(スペイン)】

参照元:https://vimeo.com/185802933

素材・機材の提案から企画作りのお手伝いまで。
お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡くださいませ。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 空港のターミナル名は「Galaxy S5」

  2. ウインクするダルマさん

  3. スーパーのカートはフォルクスワーゲン

  4. 見た人限定 店舗の屋根に割引の文字

  5. 飛行機も巨大なマスク姿に変身

  6. 座席は詰めてスワローズ

  7. 天気の悪い日はお得!?

  1. 赤信号で停車中のクルマへ訴求

  2. シャッターチャンスのベストタイミングを教える看板

  3. フォトスポットにもなるベンチ

  4. クルマが札幌ドームで空中散歩

  5. ジムで頑張るお父さんにサプライズな応援団

  6. スタバの天井からスパイダーマン

  7. 商品を差し出す 売り込み熱心な商品棚

こちらも販売中

  1. 切り替えは「顔」の向きで 非接触型のデジタルサイネージ

  2. 夏の風物詩「花火サイネージ」

  3. クルマの中も安心!ポリカーボネート製飛沫防止板

  4. 癒しの演出に「Beach Mapping」

  5. 呼び込みサイネージ 離れた場所からお客さまへ声かけ

  6. 有名喫茶店があなたの街の物産館・会社のPR館に

  7. 「デジスポ」 デジタルで楽しむスポーツ7種目