巨大UFO 青森に墜落

①岡本光博氏(京都)のオブジェ。
②青森県立美術館の敷地内に設置。
③まるで、というか
 ほぼほぼ巨大な日清焼きそば「UFO」

その場にいたら、
ついつい写メを撮りそうな作品。

シャレも効いてて、
写メ→SNSへと、拡散しやすそうです。

この事例のように、「追突」「激突」系は
屋外広告では、地面に、壁面に…が多いですね。

今度は何が、どこに…。


【セーラー服と機関銃】

【アサヒビール】

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡ください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. みんなDJになれるポスター

  2. 道路の真上に貸し看板

  3. 瓶が楽器に変身

  4. 落書きOKなカフェ

  5. 今日からあなたも名ハスラー

  6. どこまでも飛んでっちゃうミニカー

  7. 横長の液晶マルチディスプレイ

  1. トラックをラッピング 運送会社が地元の宣伝マン

  2. 飲みものが欲しければまずリラックス

  3. お金大丈夫? 両替窓口のスタッフはマジシャン

  4. エアジョーダン 夜空にドローン600機で登場

  5. 音楽を奏でる水道の蛇口

  6. 近未来的なサッカーの試合

  7. 不思議なペンキ屋さん 塗るのは映像

こちらも販売中

  1. 姿見サイネージ 鏡の代わりに 自分の後ろ姿もチェック

  2. 簡単にスケジュール変更 サイネージ管理システム「PSiGNAGE」

  3. 2面使える 名古屋高速4号線沿い 「パーク山王 屋上広告塔」

  4. 「デジスポ」 デジタルで楽しむスポーツ7種目

  5. VR展示会開催ツール「Xexhibition」

  6. キューブ型LED 「Q-BIC VISION(キュービックビジョン)」

  7. 切り替えは「顔」の向きで 非接触型のデジタルサイネージ