巨大UFO 青森に墜落

①岡本光博氏(京都)のオブジェ。
②青森県立美術館の敷地内に設置。
③まるで、というか
 ほぼほぼ巨大な日清焼きそば「UFO」

その場にいたら、
ついつい写メを撮りそうな作品。

シャレも効いてて、
写メ→SNSへと、拡散しやすそうです。

この事例のように、「追突」「激突」系は
屋外広告では、地面に、壁面に…が多いですね。

今度は何が、どこに…。


【セーラー服と機関銃】

【アサヒビール】

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡ください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 音楽に合わせ点灯するイルミネーション

  2. パイロットになれる看板

  3. オーケストラの指揮者はあなた

  4. 「髪毛黒生駅」誕生 駅の愛称ネーミングライツ

  5. あのブランドも!? ペーパークラフト

  6. 工事中の明治神宮 養生幕に実物大で再現

  7. ハロウィンタクシー

  1. 飛び過ぎちゃったゴルフボール

  2. 名古屋の人は金色がお好き!?

  3. あくびの口の大きさと同じサイズのハンバーガー

  4. ダンボルギーニ 段ボール製のスーパーカー

  5. 波のように動く液晶ディスプレイたち

  6. シャッターチャンスのベストタイミングを教える看板

  7. 街なかに巨大な旅行かばん

こちらも販売中

  1. クルマの中も安心!ポリカーボネート製飛沫防止板

  2. 誰でもすぐ遊べる「神経衰弱」

  3. 商品が空中に浮遊するディスプレイ什器「FLYvision」

  4. 呼び込みサイネージ 離れた場所からお客さまへ声かけ

  5. 2面使える 名古屋高速4号線沿い 「パーク山王 屋上広告塔」

  6. 左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居

  7. 切り替えは「顔」の向きで 非接触型のデジタルサイネージ