距離によって見え方が変わる看板

見る距離により見える文字・デザインが異なる
看板・ポスターの事例を2つ。

ともに、えっ、何!?って
ちょっとしたサプライズ感を演出できるので、
印象にも残りやすそうですね。

使っている技術は
ハイブリッドイメージ(Hybrid image)かと
思います。

ちょっとトリックアートっぽいですよね。

【アウディ(ドイツ 自動車メーカー)】
①安全運転の啓蒙。
②距離によって異なる2つデザインが見える看板。
③「暗い道を運転している、すると突然…」
  →「鹿が!」の文字が現れる。

参照元:https://vimeo.com/88631941

【Super-Pharm(イスラエル ドラッグストア)】
①遠近両用メガネの新発売PR。
②隠れている文字が「FAR」と「NEAR」
③見る距離により見える文字が異なる。
 (まさに遠近両用のポスター)

ハイブリッドイメージとは…

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡ください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 「五角」の吊り革をつかんで「合格」をつかめ

  2. スーパーでミュージカル

  3. ガンバレ ガンバレ 人間モグラたたき

  4. 正しい姿勢と歩き方でモール内を周ってみませんか

  5. 巨大なコロコロ®︎

  6. ヴァーチャル? リアル? 本物の車に乗ってVR試乗会

  7. 重低音でクーポンゲット

  1. みんなが席に着くとありつけるクリスマスディナー

  2. ノリノリなバンド用の顔出し看板

  3. 化粧室の鏡の代わりに ミラーディスプレイ

  4. 壁から天井まで LEDで囲まれた自動車のショールーム

  5. 御堂筋をフェラーリのF1マシンが疾走

  6. 順番に折ったら おにぎりの出来上がり

  7. 巨大こけし 立ったり横になったり

こちらも販売中

  1. 切り替えは「手」を振って 非接触型のデジタルサイネージ「INFOWAVE」

  2. 商品が空中に浮遊するディスプレイ什器「FLYvision」

  3. つい飲みたくなる「ドリンクサイネージ」

  4. 介護・福祉関連の販促PRに 介護タクシーメディア

  5. 常駐スタッフ不要で遊べる「勝手に遊んでサイネージ」

  6. 夏の風物詩「花火サイネージ」

  7. 2面使える 名古屋高速4号線沿い 「パーク山王 屋上広告塔」