落書きOKなカフェ

①文具メーカーのぺんてる。
②期間限定カフェをオープン。
③落書きOKな店内、ぬり絵ARなど
 文具を使うシチュエーションを提供。

書く…という機会が以前より少なくなってる今、

落書きOKって、新鮮で、
書くこと自体再認識させられますね。

参照元:https://www.youtube.com/watch?v=wYrJcPuTi74

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡ください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. パズルが揃うと子どもの笑顔

  2. 365日分の差は、かなり大きい。

  3. 腕を振ると時代が進む 非接触で社史を紹介する壁

  4. 煙突からの煙に泣く子どもの表情を映写

  5. 飛んだりバク転したり 自由なマネキン人形

  6. 自撮り写真が店内の画面に映るショップ

  7. 金網に捕まった魚 そのままお店でクーポンに

  1. 誰かといっしょに演奏したくなる壁

  2. 捨てるのが楽しくなるゴミ箱

  3. 線だけで描かれた男と女

  4. ビールを冷やす雑誌広告

  5. 本の「しおり」がデンタルフロスに変身

  6. 1日限定開店 日本語が通じないカフェ

  7. 飛行機のエンジンから写真がビュ〜ン

こちらも販売中

  1. 呼び込みサイネージ 離れた場所からお客さまへ声かけ

  2. 切り替えは「手」を振って 非接触型のデジタルサイネージ「INFOWAVE」

  3. 商品が空中に浮遊するディスプレイ什器「FLYvision」

  4. キューブ型LED 「Q-BIC VISION(キュービックビジョン)」

  5. 有名喫茶店があなたの街の物産館・会社のPR館に

  6. 切り替えは「顔」の向きで 非接触型のデジタルサイネージ

  7. 社名サインに映像演出を 「COMPACT MAPPING」