かごの底も広告媒体

①刈谷ハイウェイオアシス
 (愛知県 刈谷市)。
②施設内の店舗。
 買い物かごの底に注意書きのPOP。

スーパーやドラッグストアで買い物の際に、
自然と誰もが手にする買い物かご。

「そこに」に
POPがあれば目に留まる確率も高く、

たとえば、
店内で販売中の商品への誘因にも
つながりそうですね。

あと、
お昼にはこのPOP、
夕方からはこのPOPみたいに、

時間帯によってPOPの入れ替えもできたら、

アナログだけどちょっとデジタルみたいな
使い方・訴求もできそうですね。

かごの底も広告媒体

かごの底も広告媒体

先日、実際にあるドラッグストアで見かけました。

かごの底も広告媒体

先日は、ファミマで見かけました。

かごの底も広告媒体

素材・機材の提案から企画作りのお手伝いまで。
お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡くださいませ。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 巨大な「アムステルダム」

  2. ここで右折してお店に寄ってね

  3. めちゃくちゃに遊ぶ子どもたち

  4. タバコが吸えるタクシー 車両は霊柩車ですが

  5. 巨大なライトペインティングが作れるPixelstick

  6. お祭り気分でお出迎えの東京駅一番街

  7. あなたのコーヒーもスタバのコーヒーに変身

  1. スーパーのカートはフォルクスワーゲン

  2. アイデア・閃きが拡がりそうなデジタル空間

  3. 「もちろん私は美人よ」 美人は食事が無料

  4. 「超難解折り紙」 出来上がりは黒いアイツ

  5. 航空券が当たる? ゲーム付きの大きな旅行カバン

  6. 「五角」の吊り革をつかんで「合格」をつかめ

  7. まるでクルマに乗っているみたいなAR

こちらも販売中

  1. 誰でもすぐ遊べる「神経衰弱」

  2. 「デジスポ」 デジタルで楽しむスポーツ7種目

  3. クルマの中も安心!ポリカーボネート製飛沫防止板

  4. 姿見サイネージ 鏡の代わりに 自分の後ろ姿もチェック

  5. 常駐スタッフ不要で遊べる「勝手に遊んでサイネージ」

  6. 切り替えは「顔」の向きで 非接触型のデジタルサイネージ

  7. 夏の風物詩「花火サイネージ」