かごの底も広告媒体

①刈谷ハイウェイオアシス
 (愛知県 刈谷市)。
②施設内の店舗。
 買い物かごの底に注意書きのPOP。

スーパーやドラッグストアで買い物の際に、
自然と誰もが手にする買い物かご。

「そこに」に
POPがあれば目に留まる確率も高く、

たとえば、
店内で販売中の商品への誘因にも
つながりそうですね。

あと、
お昼にはこのPOP、
夕方からはこのPOPみたいに、

時間帯によってPOPの入れ替えもできたら、

アナログだけどちょっとデジタルみたいな
使い方・訴求もできそうですね。

かごの底も広告媒体

かごの底も広告媒体

先日、実際にあるドラッグストアで見かけました。

かごの底も広告媒体

素材・機材の提案から企画作りのお手伝いまで。
お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡くださいませ。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 壁からテーブルまで ぜーんぶタッチで遊べるお店

  2. 手をたたくと色が変わるイルミネーション

  3. いかがですか いかがですか 営業熱心な看板

  4. パリへ行きたいかー!おぉー!

  5. まるでクルマに乗っているみたいなAR

  6. みんなが席に着くとありつけるクリスマスディナー

  7. 順番に折ったら おにぎりの出来上がり

  1. バーコードでできたポスター

  2. 通学の想い出に 卒アル列車 出発進行

  3. トイレは、いずこじゃ?

  4. おもわずドキッ! ハート型の吊り革

  5. 旅行カバンの形をしたデジタルサイネージ

  6. 全面LEDの四角い柱

  7. 交通安全の呼びかけは地元特産品とダジャレ

こちらも販売中

  1. 社名サインに映像演出を 「COMPACT MAPPING」

  2. 呼び込みサイネージ 離れた場所からお客さまへ声かけ

  3. 姿見サイネージ 鏡の代わりに 自分の後ろ姿もチェック

  4. VR展示会開催ツール「Xexhibition」

  5. 左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居

  6. 介護・福祉関連の販促PRに 介護タクシーメディア

  7. 癒しの演出に「Beach Mapping」