函館へイカを食べに来なイカ?

①JR東日本(日本 鉄道会社)
②JR新宿駅西口。北海道函館市への
 観光誘客PRのポスター。(2018)
③夜景をはじめ、
 市内の名所と共に名物のイカも紹介。
④そのイカにかけた呼びかけのコピーが2つ。
 「函館へイカを食べに来なイカ?」
 「函館へイカした景色を観に来なイカ?」

わかりやすいですね。つい笑っちゃいました。

以前、JR五反田駅で見かけた
北陸地方への観光PRのポスターでは
「カニ」をもじったコピーでした。

特産品と観光PRのポスターのキャッチコピー。
相性がよさそうですね。
食べに行きたくなりますもんね。

なお、イカの産地としては、
北海道は函館、青森県は八戸が有名ですが、

ほかにもイカが有名な街がたくさんあるので、
「〇〇へ来ないイカ?」シリーズ、
これからも、出て来なイカ?

素材・機材の提案から企画作りのお手伝いまで。
お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡くださいませ。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. ウチの商品は国産品100%だよ〜

  2. 自分はエスカレーター ロッキーは階段を

  3. CM中も脇見はダメ

  4. サクラ舞う大型ビジョン

  5. 夏にピッタリ ひんやりマスク 自販機で販売

  6. 桜のペーパークラフトで春を演出

  7. 滑って楽しんでいる表情がリアルタイムで街なかに

  1. 熱い応援には冷えたビールを

  2. シャッターチャンスのベストタイミングを教える看板

  3. 御堂筋をフェラーリのF1マシンが疾走

  4. 見知らぬ人と友だちになれる椅子

  5. ショッピングカートのハンドルは消毒済み?

  6. 絶対に衝突しない 安全性抜群なクルマ

  7. クルマが札幌ドームで空中散歩

こちらも販売中

  1. キューブ型LED 「Q-BIC VISION(キュービックビジョン)」

  2. 常駐スタッフ不要で遊べる「勝手に遊んでサイネージ」

  3. VR展示会開催ツール「Xexhibition」

  4. 左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居

  5. 姿見サイネージ 鏡の代わりに 自分の後ろ姿もチェック

  6. 介護・福祉関連の販促PRに 介護タクシーメディア

  7. 商品が空中に浮遊するディスプレイ什器「FLYvision」