正義のヒーローは注射なんか怖くない

①詳細は不明。
②たぶん…ブラジルのとある病院。
 予防接種(?)の注射を打つ子どもたち。
 ただ、やっぱり、注射は嫌だと…。
③そこで
 ヘッドマウントディスプレイ(HMD)が登場。
 付けると、正義のヒーローの物語が始まる。
④物語の流れと合わせ、注射を打ち、
 物語の終わりとともに注射も無事終了。

おもしろいVRの使い方ですね。

注射が終わったら、
パワーアップしたヒーロー気分。

看護師さんもお母さんもホッとひと息。

ストーリーも大切で、
まさに、VRの世界に没入して、
現実(注射)を忘れているみたいです。

子どもへの注射を和らげる方法・手段は
これからも日本も含め、
世界中でニーズがありそうですね。

ヒーローものの映画のPRにいかがでしょうか?
VRでは、特別コンテンツが流れ、
無事、注射が終わったら
ステッカー・バッジのプレゼントとか。

正義のヒーローは
いつでも子どもの味方ですもんね

参照元:https://youtu.be/P9JwAH0298w

素材・機材の提案から企画作りのお手伝いまで。
お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡くださいませ。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 踊って渡る横断歩道

  2. 赤い風船でハッピーをおすそ分け

  3. ウインクするダルマさん

  4. スケボーで遊べる看板

  5. 空港に着いたら忍者に変身

  6. いつの間にか男性だけ黒く 日焼け止めの広告

  7. お菓子を食べながら楽しくプログラミングのお勉強

  1. ファン100人増えるごとに価格が1%オフ

  2. 「佐賀海苔」のサンプリングは渋谷と早稲田

  3. 笑って楽しむピンボール

  4. ソフトクリームが美容院の割引クーポン

  5. 縦にも横にも伸び〜る素材

  6. 荷物ではなくオジさんふたりが登場

  7. 飛行機を待ってる間に市内観光

こちらも販売中

  1. 夏の風物詩「花火サイネージ」

  2. 2面使える 名古屋高速4号線沿い 「パーク山王 屋上広告塔」

  3. 明治通りから見える巨大広告「渋谷大畠ビルボード」

  4. 商品が空中に浮遊するディスプレイ什器「FLYvision」

  5. 左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居

  6. 呼び込みサイネージ 離れた場所からお客さまへ声かけ

  7. 簡単にスケジュール変更 サイネージ管理システム「PSiGNAGE」