AR dance

①食料品メーカー。マレーシア。
②屋外ビジョン前の指定位置に立つ。
③ビジョンにあるカメラが自分を映す。
④画面にはダンサーが出現。
⑤ダンサーをマネて、いっしょに踊る。

手軽に参加でき楽しそうですね。
最近多い、ショッピングモール、商業施設内の
大型ビジョンを利用する方法もありますね。

ただ、この事例、ちょっと難しい反面も。

海外では、
老若男女関係なく楽しむけど、

日本では、なかなか…。
恥ずかしがり屋が多いからね。

参照元:https://youtu.be/99cHmS6GtUg

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでお申し付けください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. ビールを冷やす雑誌広告

  2. 東大「赤門」前に「赤くない」クルマ展示

  3. おいしい水と涼しさをお届け

  4. テニス教室の看板はテニスボール

  5. マーライオンもARでお出迎え

  6. 下り階段正面に横長で大きなデジタルサイネージ

  7. 「髪毛黒生駅」誕生 駅の愛称ネーミングライツ

  1. 距離によって見え方が変わる看板

  2. アナログ感満載のスーパーマリオ

  3. 街なかに雪のゲレンデ

  4. 駅もまるごとジーンズ

  5. ピタゴラスイッチな募金箱

  6. トレーのチラシがキーボードに変身

  7. 願いごとを聞く 巨大そろばんの下の祈願そろばん

こちらも販売中

  1. 画角サイズが異なるサイネージも一括管理「P-SIGNAGE」

  2. 姿見サイネージ 鏡の代わりに 自分の後ろ姿もチェック

  3. 左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居

  4. 明治通りから見える巨大広告「渋谷大畠ビルボード」

  5. VR展示会開催ツール「Xexhibition」

  6. 常駐スタッフ不要で遊べる「勝手に遊んでサイネージ」

  7. 癒しの演出に「Beach Mapping」