デコボコしているところでもウチの車は大丈夫

①BMW(ドイツ 自動車メーカー)
②トリックアートの技法で床をラッピング。
③フラットの床がデコボコしているように見える。
④ラッピングの端には自社のクルマの広告。
 (ウチの4輪駆動システムなら
 デコボコのところも難なく大丈夫…かな?)

思わず、えっ!?と思い、
わかっているけど、おーっ!と驚きとともに
ラッピングの上を歩きそうですね。

その不思議感も体験し、
記念に写メも…ってなりそうです。

床面を利用したトリックアート。
広さと引き(距離感)が必要なので、

なかなか街なかではできないのが現状ですが、
条件が揃うと、オモシロい演出ができますね。

ちなみに、ライバルのメルセデスベンツが、
都内で
床面のトリックアートの上に実車を展示したことも。

参照元:https://youtu.be/wGiHCsi-gew

なお、『TrickArt(トリックアート)』とは、
株式会社エス・デーの登録商標です。

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡くださいませ。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. お寿司が回る 車が走る 空港の荷物受取所

  2. リアルなアップルストア

  3. 心地いいですよ その良さ わかりませんか?

  4. 負けへんで 絶対ひっくり返したるっ

  5. キラキラ光る花火のポスター

  6. 暑〜い街に涼を呼ぶ階段

  7. 自撮り写真が店内の画面に映るショップ

  1. いつもと違う雰囲気のハンバーガー店

  2. 色の変化も ビール瓶型のクリスマスツリー

  3. ユニフォームも選べるテーブルサッカー

  4. 水中花のような看板

  5. 捕まっちゃったマネキン人形

  6. おうちにいながら選手を応援!

  7. 飛び出る絵本 飛び出たのは自動車

こちらも販売中

  1. 有名喫茶店があなたの街の物産館・会社のPR館に

  2. 姿見サイネージ 鏡の代わりに 自分の後ろ姿もチェック

  3. 誰でもすぐ遊べる「神経衰弱」

  4. 左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居

  5. 切り替えは「顔」の向きで 非接触型のデジタルサイネージ

  6. 常駐スタッフ不要で遊べる「勝手に遊んでサイネージ」

  7. 介護・福祉関連の販促PRに 介護タクシーメディア