イチゴやメロン ミカンもある「フルーツバス停」

①長崎県諫早市。市内小長井地域。
②国道207号線沿いを中心にある
 「フルーツバス停」
③イチゴやメロン、ミカンなど全5種類16基。
④ちなみに。バス停のある通り名は
 「ときめきフルーツバス停通り」に。

実際に使われているバス停ですが、
遊び心満載の楽しいフォトスポットですね。

1990年開催の長崎旅博覧会。
訪れる人たちの心を和ませるために
当時の小長井町が整備したもの…とのこと。

各フルーツが食べごろの時期、
フルーツ狩りへ出かけたくなる
きっかけにもなりそうですね。

地元の特産品を何かにアレンジ。

お茶の特産地では、緑色の郵便ポストとか、

ミカンの特産地では、
道路のカーブミラーに葉っぱをつけてミカンとか。

アイデア次第で、
これからもオモシロい社会インフラが出てくることに
期待ですね。

イチゴやメロン ミカンもある「フルーツバス停」

イチゴやメロン ミカンもある「フルーツバス停」

参照元:https://www.nagasaki-tabinet.com/guide/63101

素材・機材の提案から企画作りのお手伝いまで。
お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡くださいませ。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. ドカ雪・大雪割 大雪になればなるほどお得

  2. 企業発祥の地の駅名看板を特別仕様に

  3. 【閲覧注意】プレイヤーも危険と隣り合わせ

  4. 階段!?それともタンス!?

  5. 円柱型LED

  6. 小さなメリーゴーランド

  7. 東京駅で全長200mの映像演出

  1. 画面の中の車に色を塗ると 実車もその色に

  2. おみくじ 振るのはスマホ

  3. みなのもの 籠城じゃ!

  4. ひげを抜いたらバラの花

  5. あなたの代わりにキューピッドがお届け

  6. やっぱり現実世界がオモシロい? VRを使ったドッキリ

  7. しゃべる 笑う 表情豊かなクルマ

こちらも販売中

  1. クルマの中も安心!ポリカーボネート製飛沫防止板

  2. 「デジスポ」 デジタルで楽しむスポーツ7種目

  3. 左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居

  4. 「非接触」でマウス操作「INFOWAVE Air TOUCH」

  5. つい飲みたくなる「ドリンクサイネージ」

  6. VR展示会開催ツール「Xexhibition」

  7. 呼び込みサイネージ 離れた場所からお客さまへ声かけ