イチゴやメロン ミカンもある「フルーツバス停」

①長崎県諫早市。市内小長井地域。
②国道207号線沿いを中心にある
 「フルーツバス停」
③イチゴやメロン、ミカンなど全5種類16基。
④ちなみに。バス停のある通り名は
 「ときめきフルーツバス停通り」に。

実際に使われているバス停ですが、
遊び心満載の楽しいフォトスポットですね。

1990年開催の長崎旅博覧会。
訪れる人たちの心を和ませるために
当時の小長井町が整備したもの…とのこと。

各フルーツが食べごろの時期、
フルーツ狩りへ出かけたくなる
きっかけにもなりそうですね。

地元の特産品を何かにアレンジ。

お茶の特産地では、緑色の郵便ポストとか、

ミカンの特産地では、
道路のカーブミラーに葉っぱをつけてミカンとか。

アイデア次第で、
これからもオモシロい社会インフラが出てくることに
期待ですね。

イチゴやメロン ミカンもある「フルーツバス停」

イチゴやメロン ミカンもある「フルーツバス停」

参照元:https://www.nagasaki-tabinet.com/guide/63101

素材・機材の提案から企画作りのお手伝いまで。
お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡くださいませ。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 電気自動車に変身したドラえもん

  2. いくらやっても汚れないよ〜

  3. パッケージそのままのトイレ

  4. ウォーターカーテン

  5. 飛行機だから 宙に浮かぶパンフレット

  6. ニンニン 忍者参上

  7. タイヤのトレッドパターン柄の浴衣

  1. 鍵盤を踏むと オペラ歌手がド〜レ〜ミ〜♪

  2. 飛び出す絵本 ポップアップブック

  3. 金曜日の夜に現れる「ピンクのタクシー」

  4. オーケストラの指揮者はあなた

  5. ビスケットがぶら下がってる木

  6. トレーのチラシがキーボードに変身

  7. 鏡を見たら オバケに変身

こちらも販売中

  1. 癒しの演出に「Beach Mapping」

  2. 切り替えは「顔」の向きで 非接触型のデジタルサイネージ

  3. VR展示会開催ツール「Xexhibition」

  4. 左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居

  5. クルマの中も安心!ポリカーボネート製飛沫防止板

  6. 姿見サイネージ 鏡の代わりに 自分の後ろ姿もチェック

  7. 切り替えは「手」を振って 非接触型のデジタルサイネージ「INFOWAVE」