イチゴやメロン ミカンもある「フルーツバス停」

①長崎県諫早市。市内小長井地域。
②国道207号線沿いを中心にある
 「フルーツバス停」
③イチゴやメロン、ミカンなど全5種類16基。
④ちなみに。バス停のある通り名は
 「ときめきフルーツバス停通り」に。

実際に使われているバス停ですが、
遊び心満載の楽しいフォトスポットですね。

1990年開催の長崎旅博覧会。
訪れる人たちの心を和ませるために
当時の小長井町が整備したもの…とのこと。

各フルーツが食べごろの時期、
フルーツ狩りへ出かけたくなる
きっかけにもなりそうですね。

地元の特産品を何かにアレンジ。

お茶の特産地では、緑色の郵便ポストとか、

ミカンの特産地では、
道路のカーブミラーに葉っぱをつけてミカンとか。

アイデア次第で、
これからもオモシロい社会インフラが出てくることに
期待ですね。

イチゴやメロン ミカンもある「フルーツバス停」

イチゴやメロン ミカンもある「フルーツバス停」

参照元:https://www.nagasaki-tabinet.com/guide/63101

素材・機材の提案から企画作りのお手伝いまで。
お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡くださいませ。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 春っぽく 季節感あるベンチ

  2. 巨大な黒板メニュー

  3. みんなでウェーブ!

  4. パッケージそのまま マルタイラーメンの看板

  5. 自分のクルマがミニカーに変身

  6. 「あなたの心はお見通し」な看板

  7. トレーのチラシがキーボードに変身

  1. トレーのチラシがキーボードに変身

  2. 予算30万円でド派手に イルミネーション電車

  3. 立つんだ熊本ジョー

  4. ダンボルギーニ 段ボール製のスーパーカー

  5. 噂に便乗? 東武線でファミマ電車出発進行

  6. 勝つのは、あの馬か…

  7. トム・クルーズがさっぽろテレビ塔でSOS!?

こちらも販売中

  1. 夏の風物詩「花火サイネージ」

  2. 誰でもすぐ遊べる「神経衰弱」

  3. VR展示会開催ツール「Xexhibition」

  4. 呼び込みサイネージ 離れた場所からお客さまへ声かけ

  5. 簡単にスケジュール変更 サイネージ管理システム「PSiGNAGE」

  6. 介護・福祉関連の販促PRに 介護タクシーメディア

  7. 常駐スタッフ不要で遊べる「勝手に遊んでサイネージ」