手の動きで猫の身体がスケルトンに

①Leap Motion(アメリカ)
②たぶん…
 VRのデモ映像。手の動きに合わせ、
 CGの猫の身体構造が可視化される。

デモ映像は2018なので、
現在(2023)では、
使用機会・方法がもっと進んでそうですね。

いろんな角度から見ることができる(可視化)点が、
すごいですね。それも手の動きに合わせてなんて。

たとえば、
自動車メーカー・ディーラーの新人研修。

コンテンツは、
「猫」の代わりに「車体」のスケルトン。

試験者は
HMD(ヘッドマウントディスプレイ)を付け、

映像内の気になる部分にタグがあり、
そのタグを指でクリックすると、
より詳細なコンテンツに飛ぶ…

なーんてこともできそうですね。
(もうできてるのかな?)

参照元:https://youtu.be/9KCA44GZRQg

素材・機材の提案から企画作りのお手伝いまで。
お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡くださいませ。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 左右に歩くと向きが変わるメガネとクルマ

  2. キュンとする 花火大会の告知ポスター

  3. ジャガイモ くるっと回るとポテトに変身

  4. 銀座の路上はみんなのキャンバス

  5. 「Yes!」と叫ぶと1本プレゼント

  6. その車を運転中のあなた! あなたにお伝えしたいことが

  7. 右から左へ 下から上へ 文字だけ表示のLED

  1. 知ってる? おも白井(しろい)市

  2. 欲しいものは自分でつかまえろ!

  3. いっしょに踊るクリスタル

  4. 捕まっちゃったマネキン人形

  5. 距離に応じて表情が変わるデジタルサイネージ

  6. 春っぽく 季節感あるベンチ

  7. ショーウィンドウに巨大なカニのハサミ

こちらも販売中

  1. 左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居

  2. 夏の風物詩「花火サイネージ」

  3. 「デジスポ」 デジタルで楽しむスポーツ7種目

  4. 社名サインに映像演出を 「COMPACT MAPPING」

  5. 有名喫茶店があなたの街の物産館・会社のPR館に

  6. 切り替えは「顔」の向きで 非接触型のデジタルサイネージ

  7. 誰でもすぐ遊べる「神経衰弱」