赤信号で停車中のクルマへ訴求

①ボルボ(スウェーデン 自動車メーカー)。
 安全運転。
②横断歩道の両側から看板と自転車。
③真ん中で重なったときに止まる。
④そこで、広告が成立。
 「ボルボは自転車を止めることは出来ない。
 ただし、自分は止まることは出来る。」と。

目的、訴求対象および内容、タイミングとも
わかりやすいですね。

ただ、この手法(道路上)、
日本では難しいかもしれません。
目的はいいんだけど、道路法的には…!?

参照元:https://vimeo.com/112702115

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡ください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 紙カップが半額クーポンに変身

  2. 押したり引っ張ったりすると音が鳴るネット

  3. 名前がコカ・コーラのロゴに

  4. ビッグなカメラ

  5. キラキラになれる360度ぐるり写メ

  6. ひと目で納得 これより速い

  7. 車体を汚し 映画の世界観を演出

  1. 朝日から巨人がニョキ〜

  2. 視覚障害者も楽しめる展覧会

  3. お菓子やジュースで出来たスタジアム

  4. ヘリコプターでお届けケンタッキー

  5. ジャンケンで勝ったらタダ!?

  6. パソコンからタブレットへ変身する看板

  7. 最新情報を届ける新聞ホルダー

こちらも販売中

  1. 左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居

  2. 「デジスポ」 デジタルで楽しむスポーツ7種目

  3. 社名サインに映像演出を 「COMPACT MAPPING」

  4. 「非接触」でマウス操作「INFOWAVE Air TOUCH」

  5. 切り替えは「手」を振って 非接触型のデジタルサイネージ「INFOWAVE」

  6. クルマの中も安心!ポリカーボネート製飛沫防止板

  7. 癒しの演出に「Beach Mapping」