赤信号で停車中のクルマへ訴求

①ボルボ(スウェーデン 自動車メーカー)。
 安全運転。
②横断歩道の両側から看板と自転車。
③真ん中で重なったときに止まる。
④そこで、広告が成立。
 「ボルボは自転車を止めることは出来ない。
 ただし、自分は止まることは出来る。」と。

目的、訴求対象および内容、タイミングとも
わかりやすいですね。

ただ、この手法(道路上)、
日本では難しいかもしれません。
目的はいいんだけど、道路法的には…!?

参照元:https://vimeo.com/112702115

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡ください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 名古屋にあって東京に無いもの

  2. イケメンはモテるね〜 三越のライオン像

  3. 黒ビールを注ぐと現れるQRコード

  4. 看板がフォトスポット

  5. 空港の緑地帯に巨大な広告

  6. 表参道に咲く 新潟県の花「チューリップ」

  7. 女性の声に導かれるままに 触れると声がする壁

  1. クルマのお店にキリンの親子

  2. 宙に浮く 航空機メーカーのカタログ

  3. 新幹線大集合 巨大顔出し看板

  4. 看板がフォトスポット

  5. ピアノになった階段

  6. 車内がお菓子の香りでいっぱいの列車

  7. 正義のヒーローからエネルギー充填

こちらも販売中

  1. 左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居

  2. 切り替えは「顔」の向きで 非接触型のデジタルサイネージ

  3. 姿見サイネージ 鏡の代わりに 自分の後ろ姿もチェック

  4. 夏の風物詩「花火サイネージ」

  5. クルマの中も安心!ポリカーボネート製飛沫防止板

  6. 「非接触」でマウス操作「INFOWAVE Air TOUCH」

  7. 明治通りから見える巨大広告「渋谷大畠ビルボード」