赤信号で停車中のクルマへ訴求

①ボルボ(スウェーデン 自動車メーカー)。
 安全運転。
②横断歩道の両側から看板と自転車。
③真ん中で重なったときに止まる。
④そこで、広告が成立。
 「ボルボは自転車を止めることは出来ない。
 ただし、自分は止まることは出来る。」と。

目的、訴求対象および内容、タイミングとも
わかりやすいですね。

ただ、この手法(道路上)、
日本では難しいかもしれません。
目的はいいんだけど、道路法的には…!?

参照元:https://vimeo.com/112702115

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡ください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 1日限定開店 日本語が通じないカフェ

  2. ピンクタクシー しこり付きのシートベルト

  3. 冷たいお飲みもの 氷が溶けたらハイどうぞ

  4. カラオケ型自動販売機 歌ったら1本!

  5. 「Yes!」と叫ぶと1本プレゼント

  6. 巨大UFO 青森に墜落

  7. カニも タマネギも UFOキャッチャーでつかまえろ

  1. 駅前で かぐやちゃんがお出迎え

  2. ウチのコーヒーはね スタバのタッチパネル

  3. 飛び出す絵本 ポップアップブック

  4. 街なかに雪のゲレンデ

  5. ハンバーガーもMEGAだからクーポンもMEGA

  6. 駅のサイネージや屋外ビジョンでも コロナを乗り越えろ

  7. 今、通った!? 音はすれども姿は見えず

こちらも販売中

  1. 画角サイズが異なるサイネージも一括管理「P-SIGNAGE」

  2. 「デジスポ」 デジタルで楽しむスポーツ7種目

  3. 左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居

  4. 手軽にウェビナーを都内で開催できる White Room

  5. 癒しの演出に「Beach Mapping」

  6. 明治通りから見える巨大広告「渋谷大畠ビルボード」

  7. 有名喫茶店があなたの街の物産館・会社のPR館に