赤信号で停車中のクルマへ訴求

①ボルボ(スウェーデン 自動車メーカー)。
 安全運転。
②横断歩道の両側から看板と自転車。
③真ん中で重なったときに止まる。
④そこで、広告が成立。
 「ボルボは自転車を止めることは出来ない。
 ただし、自分は止まることは出来る。」と。

目的、訴求対象および内容、タイミングとも
わかりやすいですね。

ただ、この手法(道路上)、
日本では難しいかもしれません。
目的はいいんだけど、道路法的には…!?

参照元:https://vimeo.com/112702115

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡ください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 勝つのは、あの馬か…

  2. 5、4、3、2、1、登場!

  3. メガネがサングラスに変わるポスター

  4. 一度に洗濯できる量がひと目でわかる看板

  5. 御堂筋をフェラーリのF1マシンが疾走

  6. 降りることができないエスカレーター

  7. 大学の研究成果を街なかで展示

  1. ピンクタクシー しこり付きのシートベルト

  2. えっ!? 街なかを走る精子の形の自転車

  3. トム・クルーズがさっぽろテレビ塔でSOS!?

  4. 車体を汚し 映画の世界観を演出

  5. 中吊り広告も食べちゃうぞ〜

  6. 自宅にいながら水族館へLet’s go!

  7. 船内放送は「古代進」

こちらも販売中

  1. キューブ型LED 「Q-BIC VISION(キュービックビジョン)」

  2. クルマの中も安心!ポリカーボネート製飛沫防止板

  3. 癒しの演出に「Beach Mapping」

  4. 「非接触」でマウス操作「INFOWAVE Air TOUCH」

  5. 誰でもすぐ遊べる「神経衰弱」

  6. 有名喫茶店があなたの街の物産館・会社のPR館に

  7. VR展示会開催ツール「Xexhibition」