赤信号で停車中のクルマへ訴求

①ボルボ(スウェーデン 自動車メーカー)。
 安全運転。
②横断歩道の両側から看板と自転車。
③真ん中で重なったときに止まる。
④そこで、広告が成立。
 「ボルボは自転車を止めることは出来ない。
 ただし、自分は止まることは出来る。」と。

目的、訴求対象および内容、タイミングとも
わかりやすいですね。

ただ、この手法(道路上)、
日本では難しいかもしれません。
目的はいいんだけど、道路法的には…!?

参照元:https://vimeo.com/112702115

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡ください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ記事

おすすめ① おすすめ②
  1. トム・クルーズがさっぽろテレビ塔でSOS!?

  2. 愛媛だもん みかんミラー

  3. パソコンからタブレットへ変身する看板

  4. お金大丈夫? 両替窓口のスタッフはマジシャン

  5. 会話が弾む バーのタッチテーブル

  1. 車両まるごとイルミネーション

  2. ピンクタクシー しこり付きのシートベルト

  3. 会場までテンションを上げてくれる電車とバス

  4. 「ブラックサンダー号」 出発進行

  5. 1日限定開店 日本語が通じないカフェ

おすすめ商材

姿見サイネージ 鏡の代わりに 自分の後ろ姿もチェック
左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居