赤信号で停車中のクルマへ訴求

①ボルボ(スウェーデン 自動車メーカー)。
 安全運転。
②横断歩道の両側から看板と自転車。
③真ん中で重なったときに止まる。
④そこで、広告が成立。
 「ボルボは自転車を止めることは出来ない。
 ただし、自分は止まることは出来る。」と。

目的、訴求対象および内容、タイミングとも
わかりやすいですね。

ただ、この手法(道路上)、
日本では難しいかもしれません。
目的はいいんだけど、道路法的には…!?

参照元:https://vimeo.com/112702115

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡ください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 思わせぶりなショーウィンドウ

  2. エンジンOK! いつでも走れるぜ

  3. 鮮度抜群 採りたてサイネージ

  4. 会話が弾む バーのタッチテーブル

  5. ゲームの結果次第でビジネスクラスにアップ

  6. 気さくなお魚

  7. 誰も借りてくれない本フェア

  1. グッドデザインな愛嬌のある駅名看板

  2. 道路沿いの看板が美術館に変身

  3. 空から感謝・スマイル 飛行機雲でみんな元気に

  4. トレーで遊んでたらついつい長居しそう

  5. 印度じゃないよ、印西市

  6. 巨大な映像タワー 縦型LED

  7. 暑い日には冷たい飲みものを

こちらも販売中

  1. 商品が空中に浮遊するディスプレイ什器「FLYvision」

  2. 介護・福祉関連の販促PRに 介護タクシーメディア

  3. 2面使える 名古屋高速4号線沿い 「パーク山王 屋上広告塔」

  4. 夏の風物詩「花火サイネージ」

  5. クルマの中も安心!ポリカーボネート製飛沫防止板

  6. 有名喫茶店があなたの街の物産館・会社のPR館に

  7. 「デジスポ」 デジタルで楽しむスポーツ7種目