デカ過ぎな顔に変身 高さ4mの巨大LED

①詳細は不明。たぶん…
 アートプロジェクトの一環(?)
②アメリカ。高さ約4m・段違い
 ・周囲サイズも異なる巨大な段々型・丸型LED。
③後ろの撮影スポットで自分の顔を撮影。
④前へ出てくると、自分の顔が
 巨大なLEDに映される。

親子で、友だち同士など、
盛り上がること間違いなしですね。

ビックリするでしょうね。
やってみたい反面、恥ずかしさもありそう。

機材の選定はとてもシンプル。
コンテンツに合わせ、円柱型に…ですね。

コンテンツに合わせた表示機器、
表示機器に合わせたコンテンツ。

どちらもその特徴をおさえ、うまく使うと、
インパクト、訴求力抜群ですね。

飲料メーカーの
商品PRと柱巻広告の組み合わせ。

駅の円柱を、ぐるっと全面LEDにして、
販売中の飲料(商品パッケージ)に
次から次へと変身…みたいな仕掛けは
いかがでしょうか?

参照元:https://vimeo.com/237119645

今年(2021)話題になった「新宿の巨大猫」
L型の屋外ビジョンに奥行き感のあるコンテンツ。
次はどんなオモシロいコンテンツが出てくるのかな?

参照元:https://youtu.be/zrxmQHDHEcA

素材・機材の提案から企画作りのお手伝いまで。
お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡くださいませ。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. ラジオドラマで市の魅力を発信

  2. 楽器はどちら エアーオーケストラ

  3. 大学生を煽ってる広告 御茶ノ水駅に出現

  4. テーブルのカメラで ハイチーズ

  5. アイデアバナナ、いかがでしょうか

  6. 上手に掴めるかな 流しさくらんぼ

  7. ふたりの怪物復活

  1. ひもを引っ張ると映像の始まり始まり〜

  2. 船内放送は「古代進」

  3. 車体を汚し 映画の世界観を演出

  4. 荒野も大丈夫 揺れも再現 VR試乗

  5. 俺様はバイキングの船長

  6. 飛行機の中でオーロラを再現

  7. 「Yes!」と叫ぶと1本プレゼント

こちらも販売中

  1. 常駐スタッフ不要で遊べる「勝手に遊んでサイネージ」

  2. キューブ型LED 「Q-BIC VISION(キュービックビジョン)」

  3. 介護・福祉関連の販促PRに 介護タクシーメディア

  4. 左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居

  5. 切り替えは「顔」の向きで 非接触型のデジタルサイネージ

  6. 2面使える 名古屋高速4号線沿い 「パーク山王 屋上広告塔」

  7. 誰でもすぐ遊べる「神経衰弱」