知ってる? おも白井(しろい)市

①千葉県白井市。認知向上PR。
②全国の「色」の名前のつく駅や
 間違えられやすい「臼井」駅に
 「白井」のポスターを掲出。

ポスターの色、掲出場所など、
「色」にこだわったプロモーション。

「ネオンが少なくホタルの光がともる」と
クスッと笑っちゃうけど、環境の良さを
しっかり訴求する、ダジャレを使い訴求なども。

ダジャレを使うキャッチコピー。

何を訴求したいのか?
どう思って欲しいのか?
興味関心を持ってもらえるか?

本来、このPRの目的はそもそも何なのか?
バランスが大切なように思います。

自虐的になりすぎても、
なりすぎるとそれはまた、それで…。

“いろいろ”工夫を施した
千葉県白井市のプロモーション。

ちなみに「梨」が特産品のようです。

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでお申し付けください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 1本1本の歯は歯医者さんの連絡先

  2. ウォーターカーテン

  3. 名古屋の人は金色がお好き!?

  4. 顔ハメできない顔ハメ看板

  5. お天気情報を絵画で表示

  6. ヴァーチャルな運転を紙上で体験

  7. アナログだけど絵が動く スリットアニメーション

  1. 色の変化も ビール瓶型のクリスマスツリー

  2. バスケットボールの選手になれるチラシ

  3. つい行っちゃいそう 3つの看板でお店へ誘導

  4. あれっ、自分は映らないの?

  5. ここから撮ったら完璧

  6. 今日は駅長 明日は店長 大忙しのペッペー君

  7. 「福」が大きくなった駅名看板

こちらも販売中

  1. 夏の風物詩「花火サイネージ」

  2. 簡単にスケジュール変更 サイネージ管理システム「PSiGNAGE」

  3. VR展示会開催ツール「Xexhibition」

  4. 「デジスポ」 デジタルで楽しむスポーツ7種目

  5. 常駐スタッフ不要で遊べる「勝手に遊んでサイネージ」

  6. 2面使える 名古屋高速4号線沿い 「パーク山王 屋上広告塔」

  7. 切り替えは「手」を振って 非接触型のデジタルサイネージ「INFOWAVE」