ただ今営業中 伝統格式も表す のれん

和菓子屋さんや中華料理屋さん、
あるいは銭湯でも見かける「のれん」。

掲げることで営業中を示しますが、

看板のように
お店の顔みたいな役割もありますよね。

そのお店の
伝統、格式が伝わってくることもあり、

それが、ドーンと掲げられると
お店の心意気のようなものも感じられ、
ブランディングのツールにもなりそうです。

【名古屋栄三越】

【松坂屋名古屋店】

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡ください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 今の気持ちをマクドナルドのレジで

  2. チームや選手とともに デジタルなロッカールーム

  3. 4DXシアターで新車の試乗体験

  4. 大声で叫ぶほどビールの苦味は増すぜ

  5. 自分はエスカレーター ロッキーは階段を

  6. いろんな街の音が聴こえる看板

  7. 駅の天井からジュースが降り注ぐ

  1. 街なかに巨大な旅行かばん

  2. アナログ感満載のスーパーマリオ

  3. 水中花のような看板

  4. 空港のターミナル名は「Galaxy S5」

  5. 巨大な足あと クルマも踏みつぶす

  6. 知ってる? おも白井(しろい)市

  7. 大雪の日には4WDが大活躍

こちらも販売中

  1. 切り替えは「手」を振って 非接触型のデジタルサイネージ「INFOWAVE」

  2. 2面使える 名古屋高速4号線沿い 「パーク山王 屋上広告塔」

  3. 切り替えは「顔」の向きで 非接触型のデジタルサイネージ

  4. 左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居

  5. 常駐スタッフ不要で遊べる「勝手に遊んでサイネージ」

  6. 癒しの演出に「Beach Mapping」

  7. 姿見サイネージ 鏡の代わりに 自分の後ろ姿もチェック