ただ今営業中 伝統格式も表す のれん

和菓子屋さんや中華料理屋さん、
あるいは銭湯でも見かける「のれん」。

掲げることで営業中を示しますが、

看板のように
お店の顔みたいな役割もありますよね。

そのお店の
伝統、格式が伝わってくることもあり、

それが、ドーンと掲げられると
お店の心意気のようなものも感じられ、
ブランディングのツールにもなりそうです。

【名古屋栄三越】

【松坂屋名古屋店】

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡ください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 予算30万円でド派手に イルミネーション電車

  2. スマホのライトで文字が現れる雑誌広告

  3. 「ブラックサンダー号」 出発進行

  4. 手をたたくと色が変わるイルミネーション

  5. 道頓堀川が回転寿司に変身

  6. 正しい姿勢と歩き方でモール内を周ってみませんか

  7. 銀座の街なかにあんぽ柿

  1. 鮮度抜群 採りたてサイネージ

  2. プチプチしたくなるビールの広告

  3. ジュースを飲み干したら もう一杯どう〜?

  4. 車内がお菓子の香りでいっぱいの列車

  5. 県庁の展望ホールがアート空間に変身

  6. 銀座四丁目交差点に巨大クリスマスツリー

  7. オレも一人前のサーファーだぜ〜!

こちらも販売中

  1. キューブ型LED 「Q-BIC VISION(キュービックビジョン)」

  2. 有名喫茶店があなたの街の物産館・会社のPR館に

  3. 「デジスポ」 デジタルで楽しむスポーツ7種目

  4. 姿見サイネージ 鏡の代わりに 自分の後ろ姿もチェック

  5. 2面使える 名古屋高速4号線沿い 「パーク山王 屋上広告塔」

  6. 癒しの演出に「Beach Mapping」

  7. 切り替えは「顔」の向きで 非接触型のデジタルサイネージ