ただ今営業中 伝統格式も表す のれん

和菓子屋さんや中華料理屋さん、
あるいは銭湯でも見かける「のれん」。

掲げることで営業中を示しますが、

看板のように
お店の顔みたいな役割もありますよね。

そのお店の
伝統、格式が伝わってくることもあり、

それが、ドーンと掲げられると
お店の心意気のようなものも感じられ、
ブランディングのツールにもなりそうです。

【名古屋栄三越】

【松坂屋名古屋店】

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡ください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. クルマの展示はビルの屋上

  2. ネオン+LED=メガネ美人

  3. 自宅にいながら水族館へLet’s go!

  4. オトコの下心が思わず出そうなインタラクティブ

  5. 駅前に突然現れた大きな滝

  6. おもちゃケースのようなカーディーラー

  7. 空港とコラボ ターゲットはビジネスマン

  1. 音を奏でるブランコ

  2. ドキドキした後にはビールが1番

  3. モバイルバンキングの入り口

  4. 世界で一番素敵な看板

  5. どう作るの 見てて飽きないピタゴラスイッチ

  6. 看板とBeaconを活用し限定動画を

  7. AIにできない変顔 職員採用ポスター

こちらも販売中

  1. 切り替えは「顔」の向きで 非接触型のデジタルサイネージ

  2. クルマの中も安心!ポリカーボネート製飛沫防止板

  3. 左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居

  4. 明治通りから見える巨大広告「渋谷大畠ビルボード」

  5. VR展示会開催ツール「Xexhibition」

  6. 社名サインに映像演出を 「COMPACT MAPPING」

  7. 「デジスポ」 デジタルで楽しむスポーツ7種目