減速してね 子どもからのメッセージ

子どもが大活躍。

ちょっとした工夫で
運転中の大人を危険から守る事例を2つ。

そんなスピードを出さないでね…を期待。

どんな大人でも
子どもには勝てないですもんね。

とくに「Volkswagen」の事例は
すぐにでも出来そうです。

【Volkswagen(ドイツ 自動車メーカー)】

①4つの家族が参加協力。
②クルマのスピードメーター類は
 子どものお絵かきで、メッセージ付き。

まるで、
子どもから話しかけられているようですね。

参照元:https://www.youtube.com/watch?v=_gqN2n4VRzY

【If Insurance(保険会社)】

①学校周辺など子どもが多い地域。
②その周辺だけ、
 カーナビの音声が子どもの声に代わる。

たぶん、位置情報を利用してるのかな?

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡ください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. バス停がモデルのいるショールームに変身

  2. 「超難解折り紙」 出来上がりは黒いアイツ

  3. 工事現場でクレーンを使ったイルミネーション

  4. サングラスのような路面電車

  5. 窓いっぱいに巨大なカープ坊や

  6. 不動産会社が試合会場の年間シートを販売

  7. とんかつ屋さんで待ってるブ〜

  1. 【閲覧注意】プレイヤーも危険と隣り合わせ

  2. ミニチュアカーが街を駆けめぐる

  3. 渡るのが楽しくなる横断歩道

  4. 車両まるごとイルミネーション

  5. 事故車のガラスでグラスを製作

  6. 「あなたの心はお見通し」な看板

  7. 思わず掴みたくなる大きなジョッキ

こちらも販売中

  1. 癒しの演出に「Beach Mapping」

  2. 常駐スタッフ不要で遊べる「勝手に遊んでサイネージ」

  3. 「デジスポ」 デジタルで楽しむスポーツ7種目

  4. 手軽にウェビナーを都内で開催できる White Room

  5. 明治通りから見える巨大広告「渋谷大畠ビルボード」

  6. 介護・福祉関連の販促PRに 介護タクシーメディア

  7. 切り替えは「手」を振って 非接触型のデジタルサイネージ「INFOWAVE」