顔ハメできない顔ハメ看板

①キリンビール(日本 飲料メーカー)。
 夏季限定商品「キリンのどごし」のPR
②TUBEとコラボ。
③小田急線片瀬江ノ島駅前に顔ハメ看板を設置。
④ただし、顔を出す穴には人形が既に顔を出してる。

パッと見、えっ!?と
感じそうな看板…というかフォトスポット。

人形がリアルなのもあり、
2度ビックリ感が味わえそう。

サプライズ感を演出する1つに、
当たり前と思ってる前提を覆すのもありですね。

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡ください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 降りることができないエスカレーター

  2. 駅の壁からカバのタロー

  3. ヘックション! くしゃみをする看板

  4. 自分はエスカレーター ロッキーは階段を

  5. 思わず立ち止って見入る製作過程 巨大な黒板アート

  6. ショーウィンドウに巨大なカニのハサミ

  7. 母の日に「立体カーネーション」

  1. 超特化型の街ジャック

  2. 大学生を煽ってる広告 御茶ノ水駅に出現

  3. 交通安全の呼びかけは地元特産品とダジャレ

  4. 楽しく学べる リズムに合わせて手話ゲーム

  5. 単純な仕掛けで目を引くバス停広告

  6. 視覚障がい者も楽しめる展覧会

  7. トイレ!? バス停!?

こちらも販売中

  1. 常駐スタッフ不要で遊べる「勝手に遊んでサイネージ」

  2. 誰でもすぐ遊べる「神経衰弱」

  3. 切り替えは「顔」の向きで 非接触型のデジタルサイネージ

  4. 姿見サイネージ 鏡の代わりに 自分の後ろ姿もチェック

  5. 介護・福祉関連の販促PRに 介護タクシーメディア

  6. 商品が空中に浮遊するディスプレイ什器「FLYvision」

  7. VR展示会開催ツール「Xexhibition」