【閲覧注意】プレイヤーも危険と隣り合わせ

【閲覧注意】
詳細は不明。たぶん…
①ソニープレイステーション。
 新作ゲーム(冒険系)発売のPR
②ゲームの主人公のようにプレイヤーも
 危険な状態になりながらゲーム開始。
③ゲーム中、ヘビに絡まれたり、
 大量の虫に囲まれたり…。
④無事、ゲームをクリアした人には
 ゲームソフトをプレゼント。

ちょっと、日本では実現困難(?)なPR。
参加者がいるのかな!?って思ってしまいます。

アイデアとしてはオモシロイですね。
ゲームの主人公のように
危険の中をゴール目指して…ですね。

ただ、同じような企画を立て、実施前に
体験デモをやってと言われたら困るPRです。

参照元:https://youtu.be/iIvRPa1qEEo

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでお申し付けください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 道頓堀川が回転寿司に変身

  2. 足で蹴ってブロック崩し

  3. 座席によってもらえるチョコの量が変化

  4. あなたの代わりにキューピッドがお届け

  5. ハンドパワーでクルマを上げ下げ

  6. 支払いはキャッシュレスで

  7. 本屋さんへ参りま〜す エスカレーターの天井が本棚

  1. 愛媛だもん みかんミラー

  2. 検索でたどりつかない、本とアイデアを。

  3. いつまでも滑らかな書き味のボールペン

  4. その車を運転中のあなた! あなたにお伝えしたいことが

  5. 「福」が大きくなった駅名看板

  6. フォーミュラーカーが都内を走行

  7. 別府駅の駅名看板からモクモク湯煙

こちらも販売中

  1. 夏の風物詩「花火サイネージ」

  2. 2面使える 名古屋高速4号線沿い 「パーク山王 屋上広告塔」

  3. 商品が空中に浮遊するディスプレイ什器「FLYvision」

  4. つい飲みたくなる「ドリンクサイネージ」

  5. VR展示会開催ツール「Xexhibition」

  6. 簡単にスケジュール変更 サイネージ管理システム「PSiGNAGE」

  7. 誰でもすぐ遊べる「神経衰弱」