【閲覧注意】プレイヤーも危険と隣り合わせ

【閲覧注意】
詳細は不明。たぶん…
①ソニープレイステーション。
 新作ゲーム(冒険系)発売のPR
②ゲームの主人公のようにプレイヤーも
 危険な状態になりながらゲーム開始。
③ゲーム中、ヘビに絡まれたり、
 大量の虫に囲まれたり…。
④無事、ゲームをクリアした人には
 ゲームソフトをプレゼント。

ちょっと、日本では実現困難(?)なPR。
参加者がいるのかな!?って思ってしまいます。

アイデアとしてはオモシロイですね。
ゲームの主人公のように
危険の中をゴール目指して…ですね。

ただ、同じような企画を立て、実施前に
体験デモをやってと言われたら困るPRです。

参照元:https://youtu.be/iIvRPa1qEEo

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでお申し付けください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 滑って楽しんでいる表情がリアルタイムで街なかに

  2. 石川県のソフトクリームは金箔乗せ

  3. 高速の料金所がドライブスルーに変身

  4. 道路上でスポーツイベント

  5. 駅の天井からジュースが降り注ぐ

  6. オレも弾けるぜ 試し弾きできるポスター

  7. 巨大なライトペインティングが作れるPixelstick

  1. 釣った魚が街で使えるクーポン券に

  2. 音を奏でるブランコ

  3. 文字通りの人間ナビ

  4. フィッテイングルームがフォトブース

  5. 歩道もまるでレッドカーペット

  6. いつまでも滑らかな書き味のボールペン

  7. ちょっとウルっと 言葉の壁を超えろ

こちらも販売中

  1. 切り替えは「顔」の向きで 非接触型のデジタルサイネージ

  2. 「非接触」でマウス操作「INFOWAVE Air TOUCH」

  3. 明治通りから見える巨大広告「渋谷大畠ビルボード」

  4. クルマの中も安心!ポリカーボネート製飛沫防止板

  5. 誰でもすぐ遊べる「神経衰弱」

  6. 姿見サイネージ 鏡の代わりに 自分の後ろ姿もチェック

  7. 社名サインに映像演出を 「COMPACT MAPPING」