【閲覧注意】プレイヤーも危険と隣り合わせ

【閲覧注意】
詳細は不明。たぶん…
①ソニープレイステーション。
 新作ゲーム(冒険系)発売のPR
②ゲームの主人公のようにプレイヤーも
 危険な状態になりながらゲーム開始。
③ゲーム中、ヘビに絡まれたり、
 大量の虫に囲まれたり…。
④無事、ゲームをクリアした人には
 ゲームソフトをプレゼント。

ちょっと、日本では実現困難(?)なPR。
参加者がいるのかな!?って思ってしまいます。

アイデアとしてはオモシロイですね。
ゲームの主人公のように
危険の中をゴール目指して…ですね。

ただ、同じような企画を立て、実施前に
体験デモをやってと言われたら困るPRです。

参照元:https://youtu.be/iIvRPa1qEEo

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでお申し付けください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 画面の中の車に色を塗ると 実車もその色に

  2. 社員総出で作る巨大な人間クーポン

  3. タバコが吸えるタクシー 車両は霊柩車ですが

  4. おいしい水と涼しさをお届け

  5. 花文字ならぬ花プリウス

  6. エンジンの構造を解き明かすAR

  7. 助けて〜 サメに食べられちゃうよ〜

  1. パックマンも白くまも 人力車に変身

  2. 表参道に咲く 新潟県の花「チューリップ」

  3. 商品とコンテンツが連動 透過型液晶タッチディスプレイ

  4. 空港のターミナル名は「Galaxy S5」

  5. 自治体主催のゴルフ婚活イベント

  6. ずーっと見つめられると食べたくなるラーメン

  7. 嘘?本当? 中古車を新車に交換しますよ〜

こちらも販売中

  1. 「デジスポ」 デジタルで楽しむスポーツ7種目

  2. 常駐スタッフ不要で遊べる「勝手に遊んでサイネージ」

  3. 介護・福祉関連の販促PRに 介護タクシーメディア

  4. 商品が空中に浮遊するディスプレイ什器「FLYvision」

  5. 夏の風物詩「花火サイネージ」

  6. 「非接触」でマウス操作「INFOWAVE Air TOUCH」

  7. VR展示会開催ツール「Xexhibition」