キミのじまんのかぞくは、コロナのじまんのしゃいんです

①コロナ(新潟県 住宅設備メーカー)
②社名が新型コロナを連想させることで
 心を痛めている社員と家族を勇気づけようと、
 地元紙朝刊にメッセージ広告を掲載。

社員のお子さんが読めるように
文章はすべて、ひらがなとカタカナ。

まるで、ひとりひとりに、
同じ視線の高さで語りかけるようです。

あたたかみのあるメッセージで
企業姿勢が伝わってきますね。

ピンチのときほど、
リーダーの姿勢って大切ですね。

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでお申し付けください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. マグロが 飛行機が いろいろはみ出た柱巻き広告

  2. 重さが1トンのクーポン

  3. 着たり脱いだりする自動ドア

  4. 今、通った!? 音はすれども姿は見えず

  5. 別府駅の駅名看板からモクモク湯煙

  6. 吹き抜け部分に透過型LED

  7. 天気の悪い日はお得!?

  1. VR-CAR クルマに乗って市内観光

  2. 見る位置によって向きが変わるコンテンツ

  3. 予算30万円でド派手に イルミネーション電車

  4. イベント前に盛り上がるトンネル

  5. 魔法の水で注意喚起

  6. Wi-Fi Poster

  7. 見た人限定 店舗の屋根に割引の文字

こちらも販売中

  1. 「デジスポ」 デジタルで楽しむスポーツ7種目

  2. 癒しの演出に「Beach Mapping」

  3. 有名喫茶店があなたの街の物産館・会社のPR館に

  4. 姿見サイネージ 鏡の代わりに 自分の後ろ姿もチェック

  5. 「非接触」でマウス操作「INFOWAVE Air TOUCH」

  6. 切り替えは「顔」の向きで 非接触型のデジタルサイネージ

  7. 常駐スタッフ不要で遊べる「勝手に遊んでサイネージ」