時空を超えて楽しめるVR望遠鏡

あると覗き込みたくなる
観光地に、たまーにある望遠鏡(双眼鏡)

その望遠鏡とVRが合体した「VR望遠鏡」。

そのVR望遠鏡を用いた事例を
下記に3つ、まとめてみました。

HMD(ヘッドマウントディスプレイ)の
代わりに望遠鏡ですね。

紹介事例の主体・目的は2つ。

①②街(自治体)
 :街の昔、今、
  そして未来を体験してもらう。

③航空会社/ブランディング
 :入院中の子どもに自社路線の
  就航地を体験してもらう。

「①②自治体」の事例は、
観光地・なんとかタワーとかにあったら
物珍しさもあって、盛り上がりそうですね。

名古屋城天守閣の展望台にある望遠鏡を
VR望遠鏡に変え、

名古屋市の
今昔物語が見れるとか…いかがでしょうか?

「③航空会社」の事例は、

コンテンツは、就航各地の様子、
望遠鏡の設置場所も病院の屋上。

まるで、本当に観光へ来ているように
体験できそうです。

早く元気になってね!との
航空会社の願いも感じることができますね。

【①丹羽篠山市(兵庫県)】

【②東京都】

【③KLMオランダ航空(オランダ 航空会社)】

参照元:https://youtu.be/MK8__PKOjdE

素材・機材の提案から企画作りのお手伝いまで。
お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡くださいませ。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. あれっ、自分は映らないの?

  2. オーライ オーライ ハイ、ストーップ

  3. 今日のお告げは? マドラーにひと言

  4. デジタルなパラパラ時計

  5. 飛んだりバク転したり 自由なマネキン人形

  6. ウチのコーヒーはね スタバのタッチパネル

  7. かわいいゴミ収集車

  1. ふたを開けたら本物のバラでいっぱい

  2. 巨大な渓谷を渡るSUV

  3. スポーツアパレルも 夜には特に目立つネオン

  4. 文字だけの鉄骨むき出し看板

  5. 波のように動く液晶ディスプレイたち

  6. 京都へまた来ておくれやす〜

  7. ハラハラドキドキ 濡れそうで濡れないブランコ

こちらも販売中

  1. 切り替えは「顔」の向きで 非接触型のデジタルサイネージ

  2. 「非接触」でマウス操作「INFOWAVE Air TOUCH」

  3. 常駐スタッフ不要で遊べる「勝手に遊んでサイネージ」

  4. 姿見サイネージ 鏡の代わりに 自分の後ろ姿もチェック

  5. 介護・福祉関連の販促PRに 介護タクシーメディア

  6. 切り替えは「手」を振って 非接触型のデジタルサイネージ「INFOWAVE」

  7. 明治通りから見える巨大広告「渋谷大畠ビルボード」