助けて〜 サメに食べられちゃうよ〜

①ワーナー・ブラザース・ピクチャーズ。
 (アメリカ 映画制作配給)
②映画「The Meg」のPR。
 サメが題材のアクション映画。
③クロマキー合成を使った仕掛け。
 とある商業施設のイベントスペース。
 床1面をグリーンに。その上には
 大きな浮き輪は1つ。
④仰向けになり浮き輪に乗ると
 海底からサメが大きな口を開け、
 やってくる映像が。

子どもに限らず、
誰でも、ちょっと楽しんでみたくなりますね。

クロマキー合成。AR同様、
SNSへアップするネタを提供するPRの際、
いろいろ応用できそうですね。

クロマキー合成の方が
大掛かりですが、参加してる感があり
より印象付けが強そうです。

参照元:https://vimeo.com/284350252

素材・機材の提案から企画作りのお手伝いまで。
お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡くださいませ。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ記事

おすすめ① おすすめ②
  1. バスの待ち時間はみんなでエクササイズ!

  2. ここで右折してお店に寄ってね

  3. デコボコしているところでもウチの車は大丈夫

  4. 全身日焼け止めになれるすべり台

  5. パックマンも白くまも 人力車に変身

  1. 駅のホームがIKEAのショールームに

  2. 本屋さんへ参りま〜す エスカレーターの天井が本棚

  3. 実家でみんなと晩ごはん バーチャンリアリティ

  4. ふたを開けたら本物のバラでいっぱい

  5. パズルが揃うと子どもの笑顔

おすすめ商材

姿見サイネージ 鏡の代わりに 自分の後ろ姿もチェック
左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居