助けて〜 サメに食べられちゃうよ〜

①ワーナー・ブラザース・ピクチャーズ。
 (アメリカ 映画制作配給)
②映画「The Meg」のPR。
 サメが題材のアクション映画。
③クロマキー合成を使った仕掛け。
 とある商業施設のイベントスペース。
 床1面をグリーンに。その上には
 大きな浮き輪は1つ。
④仰向けになり浮き輪に乗ると
 海底からサメが大きな口を開け、
 やってくる映像が。

子どもに限らず、
誰でも、ちょっと楽しんでみたくなりますね。

クロマキー合成。AR同様、
SNSへアップするネタを提供するPRの際、
いろいろ応用できそうですね。

クロマキー合成の方が
大掛かりですが、参加してる感があり
より印象付けが強そうです。

参照元:https://vimeo.com/284350252

素材・機材の提案から企画作りのお手伝いまで。
お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡くださいませ。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 正義のヒーローからエネルギー充填

  2. 電気自動車に変身したドラえもん

  3. 時空を超えて楽しめるVR望遠鏡

  4. 全面LEDの四角い柱

  5. お口のニオイ あなたは大丈夫〜!?

  6. 点いたり消えたり LED電球の実照広告

  7. 子ども部屋の壁紙がたくさんの絵本棚に変身

  1. 楽譜が読めなくても あなたは名指揮者

  2. リアルタイムで参加できる屋外ビジョンパレード

  3. バスケットボールの選手になれるチラシ

  4. 当たり付き「箸タワー」

  5. 怖そうだけど映える 垂直なショールーム

  6. 車両内にQR図書館

  7. 音楽が聴ける看板 その数3,500万曲

こちらも販売中

  1. 姿見サイネージ 鏡の代わりに 自分の後ろ姿もチェック

  2. 介護・福祉関連の販促PRに 介護タクシーメディア

  3. VR展示会開催ツール「Xexhibition」

  4. つい飲みたくなる「ドリンクサイネージ」

  5. 簡単にスケジュール変更 サイネージ管理システム「PSiGNAGE」

  6. 誰でもすぐ遊べる「神経衰弱」

  7. 2面使える 名古屋高速4号線沿い 「パーク山王 屋上広告塔」