助けて〜 サメに食べられちゃうよ〜

①ワーナー・ブラザース・ピクチャーズ。
 (アメリカ 映画制作配給)
②映画「The Meg」のPR。
 サメが題材のアクション映画。
③クロマキー合成を使った仕掛け。
 とある商業施設のイベントスペース。
 床1面をグリーンに。その上には
 大きな浮き輪は1つ。
④仰向けになり浮き輪に乗ると
 海底からサメが大きな口を開け、
 やってくる映像が。

子どもに限らず、
誰でも、ちょっと楽しんでみたくなりますね。

クロマキー合成。AR同様、
SNSへアップするネタを提供するPRの際、
いろいろ応用できそうですね。

クロマキー合成の方が
大掛かりですが、参加してる感があり
より印象付けが強そうです。

参照元:https://vimeo.com/284350252

素材・機材の提案から企画作りのお手伝いまで。
お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡くださいませ。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 夜の動物園で待ってるよ〜

  2. 完走ランナーにとってうれしいサプライズ

  3. 駅の壁からカバのタロー

  4. 捨てるのが楽しくなるゴミ箱

  5. ユニオンジャック柄の大きな旅行カバン

  6. 山の上からお誘い 今からおいで〜

  7. 大声で叫ぶほどビールの苦味は増すぜ

  1. ヘッドランプと連動するタッチパネル

  2. あのクルマかな…!?

  3. 巨大ないらないものガチャガチャ

  4. 手で、ちゃ〜んと持ってますよ

  5. 今日は駅長 明日は店長 大忙しのペッペー君

  6. 飛び出す絵本 ポップアップブック

  7. まるでクルマに乗っているみたいなAR

こちらも販売中

  1. クルマの中も安心!ポリカーボネート製飛沫防止板

  2. 癒しの演出に「Beach Mapping」

  3. 切り替えは「顔」の向きで 非接触型のデジタルサイネージ

  4. 「デジスポ」 デジタルで楽しむスポーツ7種目

  5. 常駐スタッフ不要で遊べる「勝手に遊んでサイネージ」

  6. 社名サインに映像演出を 「COMPACT MAPPING」

  7. 簡単にスケジュール変更 サイネージ管理システム「PSiGNAGE」