自分の顔が「こけし」になっちゃった

①WOW
(東京・仙台ほか ビジュアルデザインスタジオ)
②まなびあテラス(山形県東根市)。
 デジタルアート展 『POPPO(ぽっぽ)』展を開催。
③東北地方に伝わる郷土玩具と
 デジタル技術を加えた3作品を展示。

カメラで撮影した自分の顔がこけしに投影されたり、

タッチパネル画面上の木を触れることで
自分の指が彫刻刀のように回転する木を削ったり。
 
伝統の文化(アナログ)に
新しい技術(デジタル)を加味することで、
新鮮な体験を生み・感じる企画ですね。

地元・地域の文化産業を
見直すきっかけにもなりそうです。

たとえば…「風鈴」はいかがでしょうか。

壁面には映写されている「風鈴」
その手前にはタッチパネル式の画面1台と
スタンドマイク型の「風を感じるセンサー」

タッチパネルで風鈴や短冊の柄を選択。
選択完了するとオリジナル柄の風鈴が表示。

そして、センサーに向かって息を吹きかけると
風鈴が涼しい音色とともに揺らぎ始める…。

音も選べるとオモシロそうですね。
センサーに息を吹いたら、
「ゴ〜〜ン」って、除夜の鐘だったとか!?

参照元:https://youtu.be/LTlBbg5FA8g

素材・機材の提案から企画作りのお手伝いまで。
お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡くださいませ。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. み〜んなサクラ咲きますように

  2. 来たのはタクシーではなく大型トラック

  3. 募金をしたら輝くクリスマスツリー

  4. ドライバーの心拍数に合わせて光るクルマ

  5. 棚から飛び移るキャラクターをやっつけろ

  6. ミニチュアカーが街を駆けめぐる

  7. ウインクするダルマさん

  1. 海を背景に 砂浜に出現 巨大スクリーン

  2. 企業発祥の地の駅名看板を特別仕様に

  3. 飲みものが欲しければまずリラックス

  4. スマホの充電ができる休憩スペース

  5. 飛び過ぎちゃったゴルフボール

  6. 女性を褒めちぎる鏡

  7. ハラハラドキドキ 濡れそうで濡れないブランコ

こちらも販売中

  1. VR展示会開催ツール「Xexhibition」

  2. つい飲みたくなる「ドリンクサイネージ」

  3. 有名喫茶店があなたの街の物産館・会社のPR館に

  4. クルマの中も安心!ポリカーボネート製飛沫防止板

  5. 癒しの演出に「Beach Mapping」

  6. 商品が空中に浮遊するディスプレイ什器「FLYvision」

  7. 切り替えは「顔」の向きで 非接触型のデジタルサイネージ