リバースグラフィティ

①リバースグラフィティ。
②用意するものは、
 型紙と高圧洗浄機の2つ。
 型紙はアルミ複合板など板状のモノがいいかも。
③型紙を通し、洗浄機で外壁などを洗浄する。
④結果、文字部分のみ汚れが取れ、
 文字が浮き出る。
 
単純・手軽な手法で、オモシロいですよね。

ただ、注意点も。

撤去の際はご注意を。
(そこだけ洗浄するわけには…)

また、歩道や道路は屋外広告物条例上、NGです。
(公道上に広告を掲出することは禁止)

参照元:https://www.youtube.com/watch?v=o8_X67rSUT8

お困りのことがございましたら、ぜひこちらまで。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. マスク姿のマネキンより ソーシャルディスタンスのお願い

  2. 距離に応じて表情が変わるデジタルサイネージ

  3. アインシュタイン? マリリンモンロー?

  4. タッチパネル式のクレーンゲーム

  5. 「髪毛黒生駅」誕生 駅の愛称ネーミングライツ

  1. 「佐賀海苔」のサンプリングは渋谷と早稲田

  2. 桜のペーパークラフトで春を演出

  3. ここから撮ってニャ〜

  4. 紙のレコードとiPadで音楽を

  5. 表参道に咲く 新潟県の花「チューリップ」

こちらも販売中

  1. 姿見サイネージ 鏡の代わりに 自分の後ろ姿もチェック

  2. 左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居

  3. VR展示会開催ツール「Xexhibition」

  4. 切り替えは「手」を振って 非接触型のデジタルサイネージ「INFOWAVE」

  5. クルマの中も安心!ポリカーボネート製飛沫防止板