リバースグラフィティ

①リバースグラフィティ。
②用意するものは、
 型紙と高圧洗浄機の2つ。
 型紙はアルミ複合板など板状のモノがいいかも。
③型紙を通し、洗浄機で外壁などを洗浄する。
④結果、文字部分のみ汚れが取れ、
 文字が浮き出る。
 
単純・手軽な手法で、オモシロいですよね。

ただ、注意点も。

撤去の際はご注意を。
(そこだけ洗浄するわけには…)

また、歩道や道路は屋外広告物条例上、NGです。
(公道上に広告を掲出することは禁止)

参照元:https://www.youtube.com/watch?v=o8_X67rSUT8

お困りのことがございましたら、ぜひこちらまで。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 着たり脱いだりする自動ドア

  2. 10万匹のプチプチスライムをやっつけろ

  3. ビーチパラソル!?それともシェイク!?

  4. 自撮り写真が店内の画面に映るショップ

  5. 旅行カバンの形をしたデジタルサイネージ

  6. 空港の緑地帯に巨大な広告

  7. 靴・Tシャツのデザインをカスタムできる商品什器

  1. 銀座の路上はみんなのキャンバス

  2. パリへ行きたいかー!おぉー!

  3. ハンバーガーもMEGAだからクーポンもMEGA

  4. ハープの演奏に連動して輝く吊り橋

  5. スマホの充電ができる休憩スペース

  6. クリスマスにはティファニーの馬車がお出迎え

  7. 下り階段正面に横長で大きなデジタルサイネージ

こちらも販売中

  1. 誰でもすぐ遊べる「神経衰弱」

  2. 切り替えは「手」を振って 非接触型のデジタルサイネージ「INFOWAVE」

  3. クルマの中も安心!ポリカーボネート製飛沫防止板

  4. VR展示会開催ツール「Xexhibition」

  5. 左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居

  6. キューブ型LED 「Q-BIC VISION(キュービックビジョン)」

  7. 明治通りから見える巨大広告「渋谷大畠ビルボード」