銀座の街なかにあんぽ柿

①伊達市農林振興公社(福島県)。
②特産の「あんぽ柿」の消費拡大と
 原発事故による
 風評の払拭と記憶の風化防止。
③東京銀座に12月につるし、1月初めに収穫。

銀座にリアルな干し柿!
突然あったのでビックリしました。
(2017年12月撮影)

上記の背景・目的で
2016年より始まったこのプロモーション。

少しずつ、その美味しさが広まるといいですね。

また、
知っているようで、普段あまり接する機会が少ない
地元の特産品を、突然、街なかで宣伝することで、

改めて、知ってもらい、買ってもらい…など、
需要の掘り起こしのPRにも役立ちそうですね。

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡ください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. ここは障がい者用の駐車場です

  2. 看板がフォトスポット

  3. ショーウィンドウに巨大なカニのハサミ

  4. 看板とBeaconを活用し限定動画を

  5. スーパーでミュージカル

  6. ひと目で〇〇屋さんとわかる看板

  7. ゲーム代がそのまま募金に

  1. 自分のぬり絵が大きなLEDビジョンに

  2. 県庁の展望ホールがアート空間に変身

  3. おもわずドキッ! ハート型の吊り革

  4. カラオケ型自動販売機 歌ったら1本!

  5. スティックを降ったらツリーがキラキラ

  6. あのビンの形をした巨大バルーン

  7. ハープの演奏に連動して輝く吊り橋

こちらも販売中

  1. 社名サインに映像演出を 「COMPACT MAPPING」

  2. つい飲みたくなる「ドリンクサイネージ」

  3. 簡単にスケジュール変更 サイネージ管理システム「PSiGNAGE」

  4. 誰でもすぐ遊べる「神経衰弱」

  5. 介護・福祉関連の販促PRに 介護タクシーメディア

  6. 常駐スタッフ不要で遊べる「勝手に遊んでサイネージ」

  7. クルマの中も安心!ポリカーボネート製飛沫防止板