銀座の街なかにあんぽ柿

①伊達市農林振興公社(福島県)。
②特産の「あんぽ柿」の消費拡大と
 原発事故による
 風評の払拭と記憶の風化防止。
③東京銀座に12月につるし、1月初めに収穫。

銀座にリアルな干し柿!
突然あったのでビックリしました。
(2017年12月撮影)

上記の背景・目的で
2016年より始まったこのプロモーション。

少しずつ、その美味しさが広まるといいですね。

(収穫の時、行けばよかった…。)

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡ください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. み〜んな ここにいるにゃぁ〜

  2. つい行っちゃいそう 3つの看板でお店へ誘導

  3. タクシーの運転手は覆面レスラー

  4. 手をひろげてパイロットに変身

  5. 子どものお絵かきが楽しいクッキーに変身

  6. AR dance

  7. 春っぽく 季節感あるベンチ

  1. ご覧の通り ウチの車は難なく登れます

  2. おいしい水と涼しさをお届け

  3. マジシャンになれる看板

  4. 花文字ならぬ花プリウス

  5. 仕事を切り上げ 飲みに行こうぜ

  6. 歩きスマホ専用レーン

  7. 旅行カバンの形をしたデジタルサイネージ

こちらも販売中

  1. 癒しの演出に「Beach Mapping」

  2. 姿見サイネージ 鏡の代わりに 自分の後ろ姿もチェック

  3. 左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居

  4. 切り替えは「手」を振って 非接触型のデジタルサイネージ「INFOWAVE」

  5. 社名サインに映像演出を 「COMPACT MAPPING」

  6. 常駐スタッフ不要で遊べる「勝手に遊んでサイネージ」

  7. VR展示会開催ツール「Xexhibition」