銀座の街なかにあんぽ柿

①伊達市農林振興公社(福島県)。
②特産の「あんぽ柿」の消費拡大と
 原発事故による
 風評の払拭と記憶の風化防止。
③東京銀座に12月につるし、1月初めに収穫。

銀座にリアルな干し柿!
突然あったのでビックリしました。
(2017年12月撮影)

上記の背景・目的で
2016年より始まったこのプロモーション。

少しずつ、その美味しさが広まるといいですね。

また、
知っているようで、普段あまり接する機会が少ない
地元の特産品を、突然、街なかで宣伝することで、

改めて、知ってもらい、買ってもらい…など、
需要の掘り起こしのPRにも役立ちそうですね。

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡ください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. いつもと違う雰囲気のハンバーガー店

  2. 巨大なビールジョッキ型のパッケージ

  3. 気持ちいい マッサージ付きの看板

  4. 画面の中の車に色を塗ると 実車もその色に

  5. 飛び過ぎちゃったゴルフボール

  6. 見えない歴史が現れる

  7. 巨大LEDスクリーンでサッカーゲームを体感

  1. ヘリコプターでお届けケンタッキー

  2. 速いのはどっち!? 人間VS飛行機 

  3. 金網に捕まった魚 そのままお店でクーポンに

  4. 近未来的なサッカーの試合

  5. 一番早いのは誰だ 自転車の空気入れ競争

  6. ビジネスクラスのシートもリサイクル

  7. おもわずドキッ! ハート型の吊り革

こちらも販売中

  1. 介護・福祉関連の販促PRに 介護タクシーメディア

  2. 切り替えは「顔」の向きで 非接触型のデジタルサイネージ

  3. 2面使える 名古屋高速4号線沿い 「パーク山王 屋上広告塔」

  4. 「デジスポ」 デジタルで楽しむスポーツ7種目

  5. 社名サインに映像演出を 「COMPACT MAPPING」

  6. 癒しの演出に「Beach Mapping」

  7. クルマの中も安心!ポリカーボネート製飛沫防止板