道路上でスポーツイベント

スポーツイベントが
公道上で行われた事例を3つ。

身近な道路も
立派なイベント会場に早変わり。
これからますます増えそうですね。

【ビーチバレー】
①品川区。ビーチバレーの認知度アップ。
②東京五輪で地元がビーチバレーの会場。
③大井町駅前の公道を通行止め。
④国際大会仕様のコートを造成。
⑤エキシビジョンマッチ開催。

【ラグビー】
①中央区ラグビー協会。
②ストリートラグビーの普及。
③日本橋八重洲さくら通りを通行止め。
④人工芝のコートを造成。

【棒高跳び】
①香川県高松市。
②近郊にオープンする競技場の
 認知目的のプレイベント。
③丸亀町商店街のアーケード街。
④40mの競技スペースを設置。

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡ください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 坂道も楽々 駆けぬける迫力

  2. ドアを開けたらギターがジャガジャーン〜🎶

  3. よーいドン! マラソン選手とスピード競争

  4. 飛んでイスタンブール

  5. 夢のデザインを実現 優勝者には実物プレゼント

  6. 笑っちゃう 誰かに伝えたい ダジャレポスター

  7. 見知らぬ人と友だちになれる椅子

  1. 君もできる? サッカー選手とAR対決

  2. ランニングマシンとデジタルの融合

  3. あなたの夢を叶える自動販売機

  4. ネオン+LED=メガネ美人

  5. 視力大丈夫ですか? ちょっと測ってみましょうね

  6. エレベーターが「巨大スロット」に変身

  7. 手で、ちゃ〜んと持ってますよ

こちらも販売中

  1. 誰でもすぐ遊べる「神経衰弱」

  2. 簡単にスケジュール変更 サイネージ管理システム「PSiGNAGE」

  3. 姿見サイネージ 鏡の代わりに 自分の後ろ姿もチェック

  4. 有名喫茶店があなたの街の物産館・会社のPR館に

  5. 介護・福祉関連の販促PRに 介護タクシーメディア

  6. 明治通りから見える巨大広告「渋谷大畠ビルボード」

  7. 切り替えは「顔」の向きで 非接触型のデジタルサイネージ