ちょっとウルっと 言葉の壁を超えろ

①サムスン(韓国 電機メーカー)。
 聴覚障害者用のサービスセンターの
 立ち上げの認知。
②耳に障害のある彼。
 街に出るといろんな出来事が起こる。
 ただ、みんな手話で回答。(おかしいな…)
③じつは1ヶ月かけて準備したサプライズ。

聴覚障害者に寄り添うサムスン…かな。

2020を控え、
このような動きがますます出るといいですね。


参照元:https://vimeo.com/119382011

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡ください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. ブラックコーヒーだから お店も真っ黒

  2. 波形を読んで音楽を楽しもうぜ

  3. 楽譜が読めなくても あなたは名指揮者

  4. クルマのように頑丈なポスター

  5. コワイよ〜 細〜い吊り橋を渡れるかな

  6. いらっしゃいませ プーマがお出迎え

  7. お天気情報を絵画で表示

  1. 空から感謝・スマイル 飛行機雲でみんな元気に

  2. タッチパネル式のクレーンゲーム

  3. 船内放送は「古代進」

  4. みなのもの 籠城じゃ!

  5. 銀座の街なかにあんぽ柿

  6. 車内がお菓子の香りでいっぱいの列車

  7. 冷たい牛乳を注ぐと 浮かび上がるパンダ

こちらも販売中

  1. VR展示会開催ツール「Xexhibition」

  2. 簡単にスケジュール変更 サイネージ管理システム「PSiGNAGE」

  3. 呼び込みサイネージ 離れた場所からお客さまへ声かけ

  4. 明治通りから見える巨大広告「渋谷大畠ビルボード」

  5. 「デジスポ」 デジタルで楽しむスポーツ7種目

  6. 姿見サイネージ 鏡の代わりに 自分の後ろ姿もチェック

  7. 癒しの演出に「Beach Mapping」