ちょっとウルっと 言葉の壁を超えろ

①サムスン(韓国 電機メーカー)。
 聴覚障害者用のサービスセンターの
 立ち上げの認知。
②耳に障害のある彼。
 街に出るといろんな出来事が起こる。
 ただ、みんな手話で回答。(おかしいな…)
③じつは1ヶ月かけて準備したサプライズ。

聴覚障害者に寄り添うサムスン…かな。

2020を控え、
このような動きがますます出るといいですね。


参照元:https://vimeo.com/119382011

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡ください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 建物の壁面が巨大なテトリスに変身

  2. 紙カップが半額クーポンに変身

  3. 駅から笑顔を 駅員さん手作りのポスター

  4. パウダールームにミラーボール

  5. デコボコしているところでもウチの車は大丈夫

  1. 水で光る落書きボード ウォーターライトグラフィティ

  2. Wi-Fi Poster

  3. 横になっても青柳ういろう

  4. 部屋の明かりやカーテンで ホテルからみんなにエール

  5. スクラッチでノリノリな看板

こちらも販売中

  1. 姿見サイネージ 鏡の代わりに 自分の後ろ姿もチェック

  2. 左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居

  3. VR展示会開催ツール「Xexhibition」

  4. 切り替えは「手」を振って 非接触型のデジタルサイネージ「INFOWAVE」

  5. クルマの中も安心!ポリカーボネート製飛沫防止板