見えない電波をLEDで可視化

①BMW。(ドイツ 自動車メーカー)
 安全運転技術(検知機能)の訴求。
②クルマから出る
 電波のイメージを看板とLEDで表現。

見えないものを可視化する…って
難しいですが、
この事例、イメージしやすくわかりやすいですね。

参照元:https://vimeo.com/126261062

お困りのことがございましたら、ぜひこちらまで。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. AIにできない変顔 職員採用ポスター

  2. どうしても目が合う喪黒福造

  3. まるでクルマに乗っているみたいなAR

  4. ハロウィンタクシー

  5. 玄関ドアの取っ手が企業ロゴ

  6. 欲しいのはチキン? それとも想い出?

  7. ウチのブーツは水に浸かっても大丈夫

  1. あれっ、自分は映らないの?

  2. トイレ!? バス停!?

  3. 普通サイズも巨大サイズも よく飛ぶ紙飛行機

  4. 母の日に「立体カーネーション」

  5. ハンバーガーもMEGAだからクーポンもMEGA

  6. 捨てるのが楽しくなるゴミ箱

  7. 自宅にいながら水族館へLet’s go!

こちらも販売中

  1. 呼び込みサイネージ 離れた場所からお客さまへ声かけ

  2. 明治通りから見える巨大広告「渋谷大畠ビルボード」

  3. クルマの中も安心!ポリカーボネート製飛沫防止板

  4. 姿見サイネージ 鏡の代わりに 自分の後ろ姿もチェック

  5. 左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居

  6. 画角サイズが異なるサイネージも一括管理「P-SIGNAGE」

  7. 常駐スタッフ不要で遊べる「勝手に遊んでサイネージ」