しゃべる 笑う 表情豊かなクルマ

まるで映画「カーズ」みたい
擬人化、クルマが人間のように感情を持って接する。

そのような事例を2つ。

自動車、鉄道、飛行機など、
乗りもの関係の会社、博物館が主催の
親子向けイベントで実施したら盛り上がりそうですね。

仕掛けは
車内からのプロジェクションマッピングかな?

【トラックメーカー(イタリア)】

参照元:https://vimeo.com/126333701

【トヨタ】

参照元:https://vimeo.com/97191170

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡ください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 足で蹴ってブロック崩し

  2. バス待ちのカップルには白馬の馬車

  3. 吹き抜け部分に透過型LED

  4. 蹴ったー どうだー 入ったー!GOOOOAL!

  5. 貼るのが楽しくなるバンドエイド

  6. 紙カップが半額クーポンに変身

  7. ウチのコーヒーはね スタバのタッチパネル

  1. 思わずニッコリするベンチ

  2. 頼りがいのあるSUV型のカラビナ

  3. 飛び出す絵本 ポップアップブック

  4. スライドしながら内部構造を見せる

  5. お出迎えは伊達政宗

  6. 開店のお知らせは箸で出来たドラゴン

  7. ゲームコントローラーで本物のクルマを運転

こちらも販売中

  1. 癒しの演出に「Beach Mapping」

  2. 常駐スタッフ不要で遊べる「勝手に遊んでサイネージ」

  3. VR展示会開催ツール「Xexhibition」

  4. 姿見サイネージ 鏡の代わりに 自分の後ろ姿もチェック

  5. 切り替えは「手」を振って 非接触型のデジタルサイネージ「INFOWAVE」

  6. 介護・福祉関連の販促PRに 介護タクシーメディア

  7. 左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居