「マイカタちゃいます!」 全国の「ひらかた」率は59%

①大阪府枚方市。
②間違えられやすい「市名」を使ったPR。
③「ひらかた」という読み方が
 どこで普及していないかを調査。
④その結果の全国地図を作製。

読めない地名ってありますよね。
知らないとどう読んでいいか…。

「まいかた市」と
呼ばれることが多い「ひらかた市」。

それを調べ、結果を全国地図に…って、

「ひらかた市」在住以外の人にも
ちょっとどうなの?と気になりますね。

少々自虐っぽい
間違いを逆手にとった今回のPR。

ほかにも同様に
間違えられる市名、町名って、
たくさんありそうです。

【概略】

【調査結果】

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡ください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. パッケージそのままのトイレ

  2. 募金をしたら輝くクリスマスツリー

  3. 思わず立ち止って見入る製作過程 巨大な黒板アート

  4. 県庁の展望ホールがアート空間に変身

  5. その車を運転中のあなた! あなたにお伝えしたいことが

  6. 夏にピッタリ ひんやりマスク 自販機で販売

  7. フィッテイングルームがフォトブース

  1. 落書きOKなカフェ

  2. ノリノリなバンド用の顔出し看板

  3. 食べものを探すお腹が空いた熊

  4. ラジオドラマで市の魅力を発信

  5. 文字通りの人間ナビ

  6. いつまでも滑らかな書き味のボールペン

  7. 透過液晶ディスプレイの商品棚

こちらも販売中

  1. 夏の風物詩「花火サイネージ」

  2. 商品が空中に浮遊するディスプレイ什器「FLYvision」

  3. 「デジスポ」 デジタルで楽しむスポーツ7種目

  4. VR展示会開催ツール「Xexhibition」

  5. クルマの中も安心!ポリカーボネート製飛沫防止板

  6. 癒しの演出に「Beach Mapping」

  7. 切り替えは「手」を振って 非接触型のデジタルサイネージ「INFOWAVE」