「マイカタちゃいます!」 全国の「ひらかた」率は59%

①大阪府枚方市。
②間違えられやすい「市名」を使ったPR。
③「ひらかた」という読み方が
 どこで普及していないかを調査。
④その結果の全国地図を作製。

読めない地名ってありますよね。
知らないとどう読んでいいか…。

「まいかた市」と
呼ばれることが多い「ひらかた市」。

それを調べ、結果を全国地図に…って、

「ひらかた市」在住以外の人にも
ちょっとどうなの?と気になりますね。

少々自虐っぽい
間違いを逆手にとった今回のPR。

ほかにも同様に
間違えられる市名、町名って、
たくさんありそうです。

【概略】

【調査結果】

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡ください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 「福」が大きくなった駅名看板

  2. お次の人は ここで待ってにゃ〜ん

  3. 距離によって見え方が変わる看板

  4. エンジンの構造を解き明かすAR

  5. テイクアウトやテラス営業のための道路占用の許可基準を緩和

  6. トイレ!? バス停!?

  7. ウチのブーツは水に浸かっても大丈夫

  1. 高速の料金所がドライブスルーに変身

  2. 飛び過ぎちゃったゴルフボール

  3. ピアノからの挑戦状 私を弾いて〜🎵

  4. 夜の動物園で待ってるよ〜

  5. 世界一小さなジャズクラブ

  6. 「階段」はダイエットチャンス!

  7. スマホで簡単ホログラム

こちらも販売中

  1. 商品が空中に浮遊するディスプレイ什器「FLYvision」

  2. 「非接触」でマウス操作「INFOWAVE Air TOUCH」

  3. 切り替えは「手」を振って 非接触型のデジタルサイネージ「INFOWAVE」

  4. 呼び込みサイネージ 離れた場所からお客さまへ声かけ

  5. 社名サインに映像演出を 「COMPACT MAPPING」

  6. 夏の風物詩「花火サイネージ」

  7. 誰でもすぐ遊べる「神経衰弱」