こちらの肖像画の足元はこちらです

①kiwi(オーストラリア
 靴のお手入れ関連商品製造メーカー)
②たぶん、
 たくさんの有名絵画。ただし、すべてが「上半身」。
③そこで、上半身から類推した「足元」の絵画を
 「上半身」といっしょに飾り、展示会を開催。

靴関連のメーカーならではの視点ですね。

上半身が多い絵画・肖像画。
たしかに足元っていったい…?って
言われなければ、気にしないですもんね。

そこをあえて、推しのポイントと捉え、
それもいっしょに飾るって、

ジョークも効き、その驚きとともに
靴関連のブランドとして、印象付けができますね。

参照元:https://vimeo.com/221523728

素材・機材の提案から企画作りのお手伝いまで。
お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡くださいませ。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 好きな場所・タイミングに試乗車お届け

  2. 駅構内がスマホで劇場に変身

  3. 化粧室の鏡の代わりに ミラーディスプレイ

  4. ソフトクリームが美容院の割引クーポン

  5. あなたの代わりにキューピッドがお届け

  6. 川の上にサッカーゴール シュートを決めろ

  7. 闘病中の子どもに外の世界をVRで

  1. 懸賞幕で「振り込め詐欺にご用心!」

  2. 2m離れて読むとメッセージがわかる新聞広告

  3. 頼りがいのあるSUV型のカラビナ

  4. 画面の中の車に色を塗ると 実車もその色に

  5. 工事中の明治神宮 養生幕に実物大で再現

  6. 窓にシールを貼ったら新幹線が到着

  7. トイレ!? バス停!?

こちらも販売中

  1. 社名サインに映像演出を 「COMPACT MAPPING」

  2. 左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居

  3. 夏の風物詩「花火サイネージ」

  4. 癒しの演出に「Beach Mapping」

  5. つい飲みたくなる「ドリンクサイネージ」

  6. 呼び込みサイネージ 離れた場所からお客さまへ声かけ

  7. 切り替えは「手」を振って 非接触型のデジタルサイネージ「INFOWAVE」