こちらの肖像画の足元はこちらです

①kiwi(オーストラリア
 靴のお手入れ関連商品製造メーカー)
②たぶん、
 たくさんの有名絵画。ただし、すべてが「上半身」。
③そこで、上半身から類推した「足元」の絵画を
 「上半身」といっしょに飾り、展示会を開催。

靴関連のメーカーならではの視点ですね。

上半身が多い絵画・肖像画。
たしかに足元っていったい…?って
言われなければ、気にしないですもんね。

そこをあえて、推しのポイントと捉え、
それもいっしょに飾るって、

ジョークも効き、その驚きとともに
靴関連のブランドとして、印象付けができますね。

参照元:https://vimeo.com/221523728

素材・機材の提案から企画作りのお手伝いまで。
お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡くださいませ。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 音楽を奏でる水道の蛇口

  2. 桜の季節 駅名看板も桜が満開

  3. ユニフォームも選べるテーブルサッカー

  4. 蹴ったー どうだー 入ったー!GOOOOAL!

  5. 巨大こけし 立ったり横になったり

  6. 窓いっぱいに巨大なカープ坊や

  7. ハロウィンタクシー

  1. 金曜日の夜に現れる「ピンクのタクシー」

  2. 世界初 VR入学式

  3. 玄関ドアの取っ手が企業ロゴ

  4. 見る位置によって向きが変わるコンテンツ

  5. 本屋さんへ参りま〜す エスカレーターの天井が本棚

  6. ハイタッチで航空券ゲット

  7. 鏡を見たら オバケに変身

こちらも販売中

  1. 常駐スタッフ不要で遊べる「勝手に遊んでサイネージ」

  2. 切り替えは「手」を振って 非接触型のデジタルサイネージ「INFOWAVE」

  3. 明治通りから見える巨大広告「渋谷大畠ビルボード」

  4. 社名サインに映像演出を 「COMPACT MAPPING」

  5. 2面使える 名古屋高速4号線沿い 「パーク山王 屋上広告塔」

  6. 姿見サイネージ 鏡の代わりに 自分の後ろ姿もチェック

  7. 有名喫茶店があなたの街の物産館・会社のPR館に