歩きスマホ専用レーン

①ユタ大学(アメリカ)
②キャンパス内に
 「歩きスマホ専用レーン」を設置。
たぶん、
③「WALK(普通に歩く)」
 「RUN(急いでる学生が走る)」
 そして、「TEXT(歩きスマホ専用)」と、
 階段・通路に設定。

目立つネオグリーン色で
塗装(ラッピング?)し各種レーンを設置。

歩きスマホを認めつつ、
その代わり、ここを歩いてね…って感じでしょうか。

少し、皮肉もあるのかな!?

日本でも、社会問題化している「歩きスマホ」。

注意喚起のポスター、広告があれだけありつつも
いまだ減っていないような気がします。

本当に、危ない「歩きスマホ」。
なにか有効な解決方法はないのでしょうか…。

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでお申し付けください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. フォーミュラーカーが都内を走行

  2. うどん屋さんはこちら

  3. スマホのライトで文字が現れる雑誌広告

  4. ジムで頑張るお父さんにサプライズな応援団

  5. 渡るのが楽しくなる横断歩道

  6. 壁から天井まで LEDで囲まれた自動車のショールーム

  7. 実家でみんなと晩ごはん バーチャンリアリティ

  1. 線だけで描かれた男と女

  2. 女性を褒めちぎる鏡

  3. 欲しいものは自分でつかまえろ!

  4. ドキドキした後にはビールが1番

  5. 山の上からお誘い 今からおいで〜

  6. 着いたり消えたり 光るシーソー

  7. 横断歩道を相手チームのカラーに

こちらも販売中

  1. 癒しの演出に「Beach Mapping」

  2. クルマの中も安心!ポリカーボネート製飛沫防止板

  3. 「非接触」でマウス操作「INFOWAVE Air TOUCH」

  4. 簡単にスケジュール変更 サイネージ管理システム「PSiGNAGE」

  5. 商品が空中に浮遊するディスプレイ什器「FLYvision」

  6. 介護・福祉関連の販促PRに 介護タクシーメディア

  7. 常駐スタッフ不要で遊べる「勝手に遊んでサイネージ」