視覚障害者も楽しめる展覧会

視覚障害者も楽しめる展覧会。
下記に3つまとめてみました。

ポイントは「触って楽しめる」こと。

通常、展示物に触れることはNGですが、
誰にも楽しめる・感じることができるこの企画。

参加する人みんなに
新しい体験を提供することでしょうね。

なお、紹介事例の1つは、
実物はそこにはなくても、
「触感」を感じることができるVRを使った事例。

このような企画、「触れることができる展覧会」
2020をきっかけに、
たくさん増えるといいですね。

①プラド美術館(スペイン)。
 6点の絵画(レプリカ)に凹凸をつけ、
 直接触れて楽しむことができる。

参照元:https://vimeo.com/121592169

②国立民族学博物館(大阪府吹田市)

参照元:https://youtu.be/i8K75lBtOZs

③プラハ国立博物館(チェコ共和国)
 触れると振動が生じる手袋をはめ、
 「ミロのヴィーナス」などを鑑賞。

参照元:https://youtu.be/ogGsHN1urno

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡ください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. デジタルなボルダリングゲーム

  2. 鏡を見たら オバケに変身

  3. 時空を超えて楽しめるVR望遠鏡

  4. 小さいけど存在感あるでしょ

  5. 高速の料金所がドライブスルーに変身

  6. 壊れた商品と接着剤のセット販売

  7. 石川県のソフトクリームは金箔乗せ

  1. 飛び出る絵本 飛び出たのは自動車

  2. スマホのライトで文字が現れる雑誌広告

  3. 銀座四丁目交差点に巨大クリスマスツリー

  4. 道路の真上に貸し看板

  5. ユニオンジャック柄の大きな旅行カバン

  6. ハンドパワーでクルマを上げ下げ

  7. ジョッキっぽいドアの取っ手

こちらも販売中

  1. 左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居

  2. 「非接触」でマウス操作「INFOWAVE Air TOUCH」

  3. 癒しの演出に「Beach Mapping」

  4. 「デジスポ」 デジタルで楽しむスポーツ7種目

  5. クルマの中も安心!ポリカーボネート製飛沫防止板

  6. 姿見サイネージ 鏡の代わりに 自分の後ろ姿もチェック

  7. 介護・福祉関連の販促PRに 介護タクシーメディア