2m離れて読むとメッセージがわかる新聞広告

①岐阜新聞(岐阜県 新聞社)
②新型コロナ対策の外出自粛要請下。
③お家時間を楽しく過ごしてもらうことを
 目的にした企画。
④GW期間、「STAYHOME with newspaper」の
 最終日に掲載。
⑤新聞から2m離れて見ると
 「離れていても心はひとつ」という文字が出現。

離れて見ると、初めてメッセージがわかるって
ビックリですよね。
いつの間にかソーシャルディスタンスですもんね。

制作したのが、デザイン経験のない営業さん。
それもパワーポイントで制作って…2度驚きです。

手元にあったら、
だれもが試してみたい新聞広告(企画)ですね。


お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでお申し付けください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. ドライバーの心拍数に合わせて光るクルマ

  2. 一番早いのは誰だ 自転車の空気入れ競争

  3. こちらのクルマ お持ち帰り〜

  4. ビスケットがぶら下がってる木

  5. 時空を超えて楽しめるVR望遠鏡

  6. 玄関ドアの取っ手が企業ロゴ

  7. パッケージそのままのトイレ

  1. 工夫次第でいろいろできそうなトイレ

  2. 溢れんばかりのおいしさ ビックマック

  3. 夜間だけ文字が見える看板

  4. 自分の顔が「こけし」になっちゃった

  5. カニも タマネギも UFOキャッチャーでつかまえろ

  6. お祭り気分でお出迎えの東京駅一番街

  7. 飛んだりバク転したり 自由なマネキン人形

こちらも販売中

  1. 「デジスポ」 デジタルで楽しむスポーツ7種目

  2. 2面使える 名古屋高速4号線沿い 「パーク山王 屋上広告塔」

  3. キューブ型LED 「Q-BIC VISION(キュービックビジョン)」

  4. 有名喫茶店があなたの街の物産館・会社のPR館に

  5. 社名サインに映像演出を 「COMPACT MAPPING」

  6. 商品が空中に浮遊するディスプレイ什器「FLYvision」

  7. 誰でもすぐ遊べる「神経衰弱」