パソコンからタブレットへ変身する看板

①東芝(日本 電機メーカー)。商品説明。
②タブレットにもなるパソコンを
 看板(レンチキュラー)で表現。

だれもが1度は見たことのあるレンチキュラー。
そのレンチキュラーの「モーフィング」を利用。

思わず、2度見しそうになりますね。

デジタルの商品訴求をアナログで…って
その点もオモシロいですね。

参照元:https://vimeo.com/55435300

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡ください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 約30,000本の生花で作った巨大な花の絵画

  2. 母の日に「立体カーネーション」

  3. サンタクロース型の自動販売機

  4. エンジンの構造を解き明かすAR

  5. 溢れんばかりのおいしさ ビックマック

  6. 怖そうだけど映える 垂直なショールーム

  7. みんなが席に着くとありつけるクリスマスディナー

  1. 空港での手荷物ラッピングサービスは広告付き

  2. まるでクルマに乗っているみたいなAR

  3. 流れ星に願いを

  4. 思わせぶりなショーウィンドウ

  5. おうちにいながら選手を応援!

  6. VR-CAR クルマに乗って市内観光

  7. テニス教室の看板はテニスボール

こちらも販売中

  1. 呼び込みサイネージ 離れた場所からお客さまへ声かけ

  2. 明治通りから見える巨大広告「渋谷大畠ビルボード」

  3. 左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居

  4. 簡単にスケジュール変更 サイネージ管理システム「PSiGNAGE」

  5. キューブ型LED 「Q-BIC VISION(キュービックビジョン)」

  6. 有名喫茶店があなたの街の物産館・会社のPR館に

  7. 誰でもすぐ遊べる「神経衰弱」