パソコンからタブレットへ変身する看板

①東芝(日本 電機メーカー)。商品説明。
②タブレットにもなるパソコンを
 看板(レンチキュラー)で表現。

だれもが1度は見たことのあるレンチキュラー。
そのレンチキュラーの「モーフィング」を利用。

思わず、2度見しそうになりますね。

デジタルの商品訴求をアナログで…って
その点もオモシロいですね。

参照元:https://vimeo.com/55435300

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡ください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. マンションのVR内覧を建設現場で宣伝

  2. タッチパネル式のクレーンゲーム

  3. 世界一大きいクーポン

  4. 車両内にQR図書館

  5. 手で、ちゃ〜んと持ってますよ

  6. ハラハラドキドキ 濡れそうで濡れないブランコ

  7. 「ブラックサンダー号」 出発進行

  1. 顔ハメできない顔ハメ看板

  2. 色の変化も ビール瓶型のクリスマスツリー

  3. スターへの階段

  4. ドッキリ ジロっと目だけ動く胸像

  5. 田舎女子高生 自虐的だけど思わず共感

  6. 日焼けにご注意

  7. レインボーなエスカレーター

こちらも販売中

  1. 有名喫茶店があなたの街の物産館・会社のPR館に

  2. 簡単にスケジュール変更 サイネージ管理システム「PSiGNAGE」

  3. 明治通りから見える巨大広告「渋谷大畠ビルボード」

  4. 社名サインに映像演出を 「COMPACT MAPPING」

  5. 切り替えは「顔」の向きで 非接触型のデジタルサイネージ

  6. 介護・福祉関連の販促PRに 介護タクシーメディア

  7. 「デジスポ」 デジタルで楽しむスポーツ7種目