パソコンからタブレットへ変身する看板

①東芝(日本 電機メーカー)。商品説明。
②タブレットにもなるパソコンを
 看板(レンチキュラー)で表現。

だれもが1度は見たことのあるレンチキュラー。
そのレンチキュラーの「モーフィング」を利用。

思わず、2度見しそうになりますね。

デジタルの商品訴求をアナログで…って
その点もオモシロいですね。

参照元:https://vimeo.com/55435300

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡ください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 飲みものが欲しければまずリラックス

  2. 中から外が丸見えのトイレ

  3. 冒険心をくすぐる取扱説明書

  4. 夜間だけ文字が見える看板

  5. 部屋を飛び回るお猿さんと飛行機

  6. いつの間にか男性だけ黒く 日焼け止めの広告

  7. サンタクロース型の自動販売機

  1. 冷たいお飲みもの 氷が溶けたらハイどうぞ

  2. 車両まるごとイルミネーション

  3. 「真っ白ワイシャツ」でウチはお返し

  4. 突如出現 いたるところ「穴」だらけ

  5. つい行っちゃいそう 3つの看板でお店へ誘導

  6. スマホとペーパークラフトで映画館体験

  7. 東大「赤門」前に「赤くない」クルマ展示

こちらも販売中

  1. VR展示会開催ツール「Xexhibition」

  2. 左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居

  3. 姿見サイネージ 鏡の代わりに 自分の後ろ姿もチェック

  4. 「デジスポ」 デジタルで楽しむスポーツ7種目

  5. 呼び込みサイネージ 離れた場所からお客さまへ声かけ

  6. 「非接触」でマウス操作「INFOWAVE Air TOUCH」

  7. 切り替えは「顔」の向きで 非接触型のデジタルサイネージ