バスの待ち時間はみんなでエクササイズ!

バス停の待ち時間は
フィットネスでカラダを鍛えよう!

そんな事例を2つ。
ともにスポーツに関連する商品・プランド。

空き時間を使っての健康的なPR。
まさに一石二鳥ですね。

①Lucozade Sport
 (イギリス スポーツドリンク)
間違えてたらゴメンなさい!
②たぶん…
 とあるバス停。バスを待ってる人。
 そこには看板(デジタルサイネージ/液晶)
③突然、画面に男性が現れ、
 カラダを動かしましょう!と掛け声が。
④終了後、看板下よりドリンクのプレゼント。

参照元:https://youtu.be/I_M54jS2j_4

①リーボック
 (イギリス スポーツ用品メーカー)
②コロンビア市内のバス停。
 トレーニング器具を取付、
 フィットネスジムに変身。
③時間帯によっては、インストラクターの指導も。

参照元:https://youtu.be/xE91xttVBX0

なお、この手のPR、オモシロいのですが
日本では…となると難しい点もありそう。

他人の目を気にする、恥ずかしい…。

企画の際は、その点を考慮しないとかもです。
ただ、場所によっては…かな!?

たとえば、渋谷スクランブル交差点の
屋外ビジョンを使って…とか!?

素材・機材の提案から企画作りのお手伝いまで。
お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡くださいませ。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. ハロウィンタクシー

  2. 雨が降ったら安くなる航空会社

  3. 駅前で かぐやちゃんがお出迎え

  4. 中吊り広告も食べちゃうぞ〜

  5. 来たのはタクシーではなく大型トラック

  6. 新宿駅に野菜の柱が出現

  7. 今日のお告げは? マドラーにひと言

  1. 触れると音と映像が変わる絵画

  2. 別府駅の駅名看板からモクモク湯煙

  3. いらっしゃいませ プーマがお出迎え

  4. お花畑にバス停 時刻表の代わりに「見頃表」

  5. 気さくなお魚

  6. カワイイ動物といっしょにソーシャルディスタンス

  7. おみくじ 振るのはスマホ

こちらも販売中

  1. 左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居

  2. 癒しの演出に「Beach Mapping」

  3. 簡単にスケジュール変更 サイネージ管理システム「PSiGNAGE」

  4. 有名喫茶店があなたの街の物産館・会社のPR館に

  5. 介護・福祉関連の販促PRに 介護タクシーメディア

  6. 切り替えは「顔」の向きで 非接触型のデジタルサイネージ

  7. 常駐スタッフ不要で遊べる「勝手に遊んでサイネージ」